Category : 脳の思い込み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い込むとやけどする


ニューヨークのコロンビア大学医学部のハーバート・スピーゲルが実験したことだ。彼はイマジネーションを利用する実験で、米国陸軍のある伍長を被験者にした。

彼は、この伍長に催眠術をかけて催眠状態にしたうえで、その額にアイロンで触れる、と宣言した。しかし、実際には、アイロンのかわりに鉛筆の先端で、この伍長の額に触れただけだった。


その瞬間、伍長は、「熱い!」と叫んだ。そして、その額には、みるみるうちに火ぶくれができ、かさぶたができた。数日後にそのかさぶたは取れ、やけどは治った。


この実験は、その後四回くり返され、いつもまったく同じ結果が得られた。


さて、五度目の実験の時には、状況はやや違っていた。この時には伍長の上官が実験に同席していて、この実験の信頼性を疑うような言葉をいろいろ発していた。
被験者に迷いや疑惑を生じさせる状況のもとでおこなわれたこの時の実験では、もはや伍長にやけどの症状が現れることはなかった。


スピーゲルは、健康や病気、また、病気からの回復にはさまざまな要因が影響をおよぼし合うと考えている。生理的、心理的、そして社会的な諸要因が相互に関係をもちながら、わたしたちの内部で働いていると言っているのだ。



プラシーボ効果を理解するためには、心と体、そしてその両者の関係を促進したり制限したりする第三の要因としての環境状況を考えにいれる必要がある。そして、これら三者を結びつけ活性化するものとして、著者は、言葉のもつ重要性に着目したいと思う。


                            「心の潜在力プラシーボ効果」 広瀬弘忠 より
心の潜在力 プラシーボ効果 (朝日選書)心の潜在力 プラシーボ効果 (朝日選書)
(2001/07)
広瀬 弘忠

商品詳細を見る




思い込みや暗示も使いようですね(^^)








「ムチウチ」「ケガ/後遺症」交通事故後の治療
冷え・ホルモンバランス・自律神経・脳からくる不調
姿勢・猫背矯正
どこに行っても治らない「腰・肩・膝」の痛み


リピート率100%を継続!(7月~10月)
同業者が治療に通う整骨院


近鉄奈良線「若江岩田駅」徒歩2分 
ひがし整骨院


私たちは、
マッサージをやりません。
マッサージをやらなくてすむ身体に戻していきます。
年齢性別に関係なくその場で効果を実感してもらえる施術を取り入れています。


☆当院の「感想/口コミ」はこちらをクリック!☆



予約優先制 お気軽にお問合せ下さい
℡072-964-5355

診療時間
AM8:30~12:30
PM16:00~20:00


遠方から来る患者様も安心☆駐車場完備


いつでも何回でも無料メール相談
higashiseikotu@yahoo.co.jp




キッズルーム有☆
ブログ用1

施術は個室ブースで安心☆
ブログ用2

バイタルリアクトセラピー
ブログ用3


院内風景はこちらをクリック!



大阪府東大阪市岩田町4-16-15 ひがし整骨院

大きな地図で見る














スポンサーサイト
プラシーボ効果を分りやすく言うと、うその情報や間違った事でも、そうだと思い込むことによって、体が反応する現象のことをいいます。


たとえば、

かぜ薬を出す時に、患者さんを騙してただの粉を飲ませると、薬と同じように熱が下がったり、逆に副作用が現れることもあります。
これをプラシーボといいます。


すべての医療行為には、多かれ少なかれ必ずプラシーボが働きます。





「メフェネシン」という薬は、筋肉弛緩剤として1947年にアメリカで使用されるようになった。そして、この薬は1949年から1950年にかけて、最初の抗不安剤としてアメリカで認可された。

ところが間もなく、この薬の効果は、プラシーボのそれとほとんど差が無いことが明らかとなって、1955年には、「メブロバメート」という精神安定剤に取って変わられた。

だが、この精神安定剤の評価も長続きすることは無かった。

臨床試験では、この薬と催眠剤であり鎮静剤でもある「バルビツレート」や、プラシーボとの間には、統計的な有意差がなかったのだ。

しかも、「メプロバメート」や「バルビツレート」は副作用が強く、習慣性があり、過剰に飲むと死に至る危険がある激しい薬である。

プラシーボは明らかに鎮静作用や催眠作用をもたらしていたのであり、このようにして見ると、プラシーボは副作用の少ない最良の薬ということにもなる。



「心の潜在力プラシーボ効果」 広瀬弘忠著 より引用
人は思い込むことにより、本当に体が良くも悪くもなります。


第二次世界大戦前のことだが、かつてヨーロッパでこういう実験が行なわれた。


思い込むとやけどする



そして、人は一度の経験ですべてと決め付ける心のクセを持っています。


「掃除機をかけたら痛くなる」

「~をしたら悪くなる」


間違った先入観は脳に強く負の情報を植えつけてしまいます。


特に、人は自分の専門分野外のことを「権威」ある人に言われると、どんなにマイナスな事でも受け入れてしまうクセがあるようです。



逆に、常に良い状態をイメージすることによって、治癒へ導くことも可能なわけです。


降圧剤の臨床試験で、小麦粉を飲んで実際に血圧が下がることもありますし、逆に、小麦粉を医師が、薬だからと渡せば副作用が出る人もおられます。

脳は敏感なんですね。

新患説明は大切ですね。



時間をかけてでも、その患者さんの脳を安心させる事を言葉などで説明しなければ治療も思うようには進まないでしょう。



傾聴・共感受容・支持・保証


脳の思い込みによって症状が好転する

プラシーボ


脳の思い込みによって症状が悪化する

ノーシーボ




プラシーボを効果的に用いる事もよい治療成績を収めるのには大切だと思います。


脳の思い込みによって死ぬこともあるんですから。

第二次世界大戦前のことだが、かつてヨーロッパでこういう実験が行なわれた



「心の潜在力 プラシーボ効果」 広瀬 弘忠より引用


ハリントンは、プラシーボにはある神秘性が必要だと指摘している。

スプーン一杯の砂糖と、砂糖入りのカプセルの間に本質的な違いは無いと感じている人にも、プラシーボ効果は現れる。

だがその効果は弱いだろう。むしろ、カプセルの中に入っているものが何かわからず、それが治療効果をもっていると素朴に信じている人の方に強いプラシーボ効果は現れる。

あまりに固く閉ざされた合理性にとらわれている人びとには、プラシーボは効果を現しにくい。

プラシーボに反応しやすい人がいる一方で、反応しにくい人がいる。これは事実である。


プラシーボへの反応性や、医者との人間性の関係の持ち方、病院など医療施設の雰囲気などの違いが、プラシーボ効果における大きな個人差となって現れる。




よく「治療者は役者になれ、院は舞台と思いなさい」と言われることがありますが、患者さんをその気にさせる会話や行動、オーラは大切だと思います。

患者さんに、「この先生なら治してくれる」と思われることが治療の第一歩ですね。


嘘を伝える詐欺師はもちろん駄目ですが、役者にならないといけませんね
イギリスの病院で


不定愁訴で訪れた患者さんのうちの半数には、


「具合が悪いのですね。でも、2,3日で完全によくなりますよ」


と医者が言い、別の半数の患者に対しては、


いろいろ調べましたが、原因がはっきりしません」


と言った。


その後調査すると、医者が「治りますよ」と言ったグループは症状が軽くなったり、症状が消えたりした。


この結果は、医者(治療者)が、患者の状態に配慮して言葉を選んで使えば、患者は回復の方向に背中を押されたように動き始めることができるのです。


言葉を媒介とする心と体の密接な関係があり、医者(治療者)はこれを治療の上で利用することができる。



東大阪市、ひがし整骨院

プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。