Category : 日常生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大阪整骨院 東大阪交通事故治療 腰痛 口コミ
祝い


高校柔道部監督の古希祝いでした(´∀`)
そこで、気持ち悪いぐらいに何度も号泣してしまいました笑


いい年して泣いた理由はといいますと、、、


国士舘大学柔道部で名を馳せていた恩師上村先生は、それはそれは怖く、厳しい先生でして、今話題の愛のムチも頂きました。
しかし、ただ厳しいだけでなく、人としての器が底なしにある先生でして、、、


OBの先輩方が口を揃えて「背中で語って頂いた」と言われていましたが、まさにその通りで、口数は少ないのですが(生徒には)、そこに居るだけで皆気が引き締まったものです。



そんな先生の愛情を感じた事件がありまして、、、

高3の時、いつものランニングコースである大阪城まで友人と走りにいきました。そこで、テンションが上がり「まだまだ練習量が足りない!強くなるために環状線を一周しよう!」意気投合。
途中で、道に迷いながら走っていると、日も沈み学校に帰ってきた時には23時頃になっていました。



当時は、練習後も一人で最後まで残っていたり、いつも深夜12時頃までジムで汗を流していた二人だったので、「今日は頑張ったなー」とのんきに学校に帰ってきたのですが、、、



「どこに行ってたんや!」と、何やら校内が騒がしい事に。



「連絡が取れない!行方不明になった!!」ということで、警察出動、同級生、先生方、父兄の皆様がずっと探してくれていたのです(;´Д`A



まさかまさかでしたが、連絡していなかった私達が100%悪く、それはそれはこっぴどく怒られました(>_<)

連絡せんか!ボコッ 心配してたんやぞ!バキッ みたいな(>_<)

中には、「サボリに行ってたんとちゃうんか」とかも言われるなど全否定されたりもしまして、、、


当時の心境は、迷惑かけてすんません!!と反省仕切りの中にも、「何で努力をしたのにそれまで否定されなアカンねん」という思いもあったのだと思います。



多くの人たちに迷惑をかけ、シュンと落ち込んでいた私たちを、恩師の上村先生はタクシーで送ると言って下さり、



その車内で、静かな口調で温かく、



「お前たちは良くやった。それだけ努力すれば将来絶対強くなる。」



と、迷惑をかけた事はいけないが、努力している事は正しいと、心の中を見透かされたように、ただ一人「肯定」してくれたのです・゜・(ノД`)・゜・


当時の運動バカの学生にとっては、「強くなる」という言葉はとても勇気をもらえるものでした。救われた一言だったと思います。


その後、吉野家をおごってくださり、その味は今でも忘れることができません(T ^ T)



そんな上村先生の前に立つと、16年経ったにも関わらず先生の愛情を思い出し涙が止まらず、昨日は話すたびに号泣してしまい気持ち悪い事になってました笑




怒鳴られたり時には体罰的な事もありましたが、厳しくてもそこに愛情があれば、その時気づかなくても大人になってからは感謝の気持ちに変わるんですねー(^^)マゾなのかな笑



先生のような男になりたいな~


と、憧れの存在モデリングリストがまた増えました(^-^)



さらに、
中学時代の先輩で超憧れの選手である秋山先輩ともお会いでき、生男気じゃんけんまで見れ笑、同級生の活躍、変わらない先輩方や後輩にも再会でき、多くの刺激を頂いた充実の1日でした(´∀`)



スポンサーサイト
20130826ブログ


西田 文郎先生の投稿をシェアします。

ビジネス・健康・人生感・・・

脳をどう使うかによって変わるんですよね。

性格は変えにくい。環境も変えにくい。でも、脳の使い方は変えられます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ダメ、無理の種類?

色々な人と話をしていると「それはダメだよ」とか「それは無理だよ」と言う人がいる。

それを分析していると、ダメ、無理には二種類のダメ、無理がある。

一つは、やってみたけどダメだったという体験的ダメである。

そして、もう一つは、やっていないのにダメだと思う、想像的ダメである。

体験的ダメは、その人の経験値や素質ではダメだったというものである。

これは、かなり説得力がある(笑)。

しかし、もう一方の実行しないのにダメだという想像的ダメは、まだ結果が出ていないのである。

体験的ダメは、結果であり、
想像的ダメは、まだプロセスなのである。

しかし、多くの人が言うのは、やって無いのにダメだ!と決め付ける想像的ダメなのである。

だから、世の中やった者勝ちになるのである。

いずれにしろ、どちらのダメも脳が作り出した錯覚なのである。

世の中に、ダメ、無理など無いのである。

あるのは、全て脳が作り出したマイナスのイメージにやられているのである。

脳の機能を教えるスーパーブレイントレーニング(SBT)を知って、脳からダメ、無理を追い出した人達は面白い様に人生をイキイキ生きている。

あなたの脳は、今どうなっていますか?

出来ない事など無いと思っていますか?

それとも、「そうは言ってもやはり無理だよ」「自分はダメに決まってる」?と思っていますか?

この二つの差は、人生において天と地くらいの差がありますよ!
どうでもいい人への態度こそが、まさにその人の性格


(^^)v


人が見ていない時でも自然に善行をしているか。


(^^)v


陰徳を積む


(^^)v



仕事を成功させる上で人間力の向上は必須です!



002_20130413025609.jpg


【あと三日しか人生がなかったら何をしますか?】

尊敬してやまない心理カウンセラー衛藤信之先生から教わった事を、今週の黒板の内容にしました(^^)


日本メンタルヘルス協会



誰も、「もっと収入を増やして成功したい」とは言わなかったそうです。

「いつもお母さんに迷惑をかけてたから、最後の三日間は黙ってお母さんの望む事をしたい」

「いつも子供を叱ってばかりだけど、子供を抱きしめて『お前はとても良い所がたくさんあるのよ』と三日間伝えたい」


と、感動的なものががほとんどだったとか。



「皆さん、三日という限られた時間ならできる事を、一生と言う長い時間だと、日々忘れて過ごしているのですか?」

大切な事は身近すぎて分からない。



上昇志向で、上へ上へ成功を求めた先人の方々がいたからこそ、今の豊かな日本があります。
金銭的な余裕がなくては、社会貢献も家族を養う事も思うようには出来ません。



社会的ないわゆる成功者(地位や名誉や富を得て、社会貢献もしている人)のヒストリーは、かっこいいし、憧れるし、男ならああなりたい!と思います☆



でもでも、そこを目指しながらも忘れてはいけないマインドもあるって事です!



プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。