Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
膝の痛みの原因の多くは太ももの筋肉の痙攣(筋肉のこわばり、こり)から起こります。

軟骨の変性や骨の変形は関係ない事が多くあります。特に高齢者ほど「変形性膝関節症」という疑問に思わざるをえない病名を付けられているように思います。

臨床をしている先生方なら経験上お分かりでしょうが、


「変形が強いから人工関節の手術と言われました」
「内視鏡で軟骨を削るみたいです」
「軟骨が磨り減っているので手術と言われました」
「半月板がかけているので手術をします」



と病院で言われ激痛や、諦めて放置している患者さんが整骨院に来院し、手技療法により見違えるように改善する例を。


本当に変形など構造上の異常が痛みの原因なら、これらの多くの改善例は「例外」となるのでしょうか?


痛みは骨や軟骨の変形に関係なく「筋肉」が一番の原因なので、筋肉の治療(多くの手技療法)により改善されたのでしょう。
手術で構造を変える必要がないし、少なくとも筋痛の治療をしっかり行い(もちろん電気治療や腰の牽引レベルではなく)それでも改善しないなら、レントゲンで骨折ガン感染などの疑いを確認する。
不安や悲観的な気持ちは、痛みを作りだすので骨の変形=痛みなどと言って怖がらせないこと。


これが1番最善な気がするのですが、多くの患者さんは、効果が出そうもないリハビリを続けその後手術と言われている患者さんが多いです。


60代女性

膝の変形による痛みと思いこんでおられ、諦めから痛みを何年か放置しておられました。

主に大腿部の圧痛を取る目的でアスター等のトリガーポイント(筋肉)へのアプローチを行うと、2週間程度で階段もスムーズに降りられ痛みも改善しました。

「原因がはっきりしたのと、治りそうなので希望とうれしさが出てきました」


筋痛の治療+安心感(自律神経の安定)

によって改善しているのでしょう


スポンサーサイト
バイタルリアクトセラピーは脊椎に軽い振動を加えるだけで姿勢やバランスが回復します

足関節の外開きが改善され左右差が軽減しています。

P1010745_convert_20080815012431.jpg


治療前


P1010746_convert_20080815012620.jpg


治療後



体のバランスが悪い、左右差がある = 筋痛症を起こしやすい


こう考えるのは間違いでしょうか?

誤解を与えやすいのは、歪みや左右差と痛みやしびれとは関連がないということです。




P1010520_convert_20080815012813.jpg


治療前


P1010522_convert_20080815012926.jpg


治療後



P1010846_convert_20080815013657.jpg


治療前


P1010848_convert_20080815014135.jpg


治療後
筋痛の治療を施し、症状が軽減されてきていているにもかかわらず、整形外科で構造異常を指摘されるとあっさり転院し、けん引や電気治療などありきたりないつもの治療を受けておられる患者さんがおられます。もちろん、説明は構造異常=今の痛みということで。


医学の素人の患者さんには、繰り返し説明したり資料を渡したりしても全員が全員理解できるわけでもないし、詳しいことを学びたいとも思うわけではないでしょう。
たとえ症状の軽減を体験しても、医師という権威者の一言ならびに「画像」という目に見えるものを見せられると理論などすっぽり忘れてしまうんでしょう。


転院先で安心させられる説明や、的を得た治療を受けられているなら良いのでしょうが現実はというと・・・


画像診断は絶対に必要ですし、痛みを専門医に診てもらうのは必ず必要です。

それは

がん・感染・骨折など特異的な痛みは画像でしか分からないからです。

問題は、画像で発見される冤罪の「構造異常」をあたかも痛みの原因であると言うことを患者さんに思い込ませてしまうことなんですね

さらにレントゲンは痛みと一番関係がある「筋肉」が写らないときたもんだ・・・

その結果、行き着くところは手術か鬱といったところでしょうか。


加茂整形外科HPより引用

眼鏡をかけても見えにくい:X線所見と非特異的腰痛の因果関係

安心させるために画像検査を行なってもよいのだろうか?
神経を圧迫しても痛みやしびれは起こりません!生理学の常識です!


それでは正座の時に足がしびれるのはなぜなんでしょうか?神経を圧迫しているからと思うでしょ?


しかしそれは違います。正座時に動脈や静脈を圧迫し「うっ血・阻血」になる事が原因なんです。


神経圧迫で「痛み」も「しびれ」も起こるはずがありません。

神経を圧迫すると、「麻痺」は起こる可能性はあります。(脊髄麻痺や馬尾症候群)


「痛み」「しびれ」と「麻痺」はまったく違う生理現象なんですよ



痛みしびれ=脱分極再分極の繰り返し(電気現象)

麻痺=電気が起こらない



だから、正座で神経圧迫=しびれ  という図式は成り立たないのです
新型うつ病

うつの定義は色々あり意見も多いでしょうが、心の問題は時間をかけて行わないといけないでしょう。

新型うつ病



うつと痛みの関係は深くかかわりがあります。心身症=整形外科的疾患です。


b0052170_8233093.jpg


20代女性


足の甲が痛むので骨折を疑い整形外科にてレントゲンを依頼にいかれました。

すると、「腰に原因があるかもしれない」と言われ、本人が拒否しても腰のレントゲン撮影を行われました。すると、


大きなヘルニアがある


と、お決まりの説明を受けたようです。


ヘルニアの診断


教科書通りに言っているわけですね。4番と5番のヘルニアがあるときは足の~が痛むと言うやつです。


もちろんありえません


それに、この患者さんは腰はさほど痛くないようです。

腰に大きなヘルニアがあるのに、腰は痛くなく足にのみ痛みがある・・・

それでは、腰が痛くて腰にヘルニアがある人との説明ができませんよね・・・


これらはすべて「筋肉のスパズム(痙攣)が痛みを作っている」で説明が出来ると思います。


痛みは筋痛それに伴う関連痛です



前脛骨筋や伸筋群に筋の圧痛がありました。


腰のヘルニアが原因ではなく、これらの筋肉が緊張(Spasm)しているためにおきているのです。


スパズムは「ストレス・不安・怒り」とも深くかかわりがあります。
慢性化すると、習慣化しSpasmが「クセ」になってしまい治りにくくなります。



「大きなヘルニアがある」


レントゲンを見せつけて、こう言われて不安にならない人はいないでしょう
腰痛は<怒り>である 普及版腰痛は<怒り>である 普及版
(2002/03/09)
長谷川 淳史

商品詳細を見る



腰痛に限らずすべての痛みをお持ちの患者さんにお勧めしている書籍です

今までの痛みの概念はすべて科学的根拠がないことを知らせてくれます。

コルセット、体の歪み、運動療法、注射、手術・・・・などなど多くの既存の痛み治療は科学的根拠がなく、あってもプラシーボの差ぐらいだそうです。


そして痛みは抑圧されている心が痛みを引き起こしていると言うことを、理論立てて教えてくれています。


とてもすばらしい内容で、慢性の痛み患者さんは必読書だと思います。

「もう治らない」「年のせいだから」「お医者さんに手術しかないと言われた」など、痛みで悩んでいる方には目からうろこだと思います。


個人的な感想は、とてもすばらしく賛同できることがほとんどですが、唯一気になったのが
「筋肉の治療は行わなくてよくて、心の治療だけをすればよい」
と受け取れてしまうことですか。

現に筋痛の治療で目覚しい効果も出ているわけですから、痛みの治療はこの本のように不安やストレス、抑圧されている心のみならず


心+筋肉


と行うことが最も科学的で、最も効果があるのだと思います。


ぜひ読んでいただきたい良書です

P1010237_convert_20080810004144.jpg
治療前


P1010446_convert_20080810004317.jpg
1ヵ月後


姿勢が改善しています
本人了承済み

009_convert_20080809230959_convert_20080809231532.jpg

初回治療前


010_convert_20080809231107_convert_20080809231603.jpg

初回治療後

012_convert_20080809231153_convert_20080809231628.jpg

二回目治療後


姿勢の悪さは筋のSpasmを起こす要因なのかもしれません。



痛みの原因は、筋肉の痙攣(SPASM)です。

膝の痛み、腰の痛み、あごの痛み、しびれ感、・・多くの痛みがです。

これを、筋痛症(筋筋膜疼痛症候群)と言います。

筋痛症は、情動、怒り・ストレス・不安・悩み・などがあると痛みが強くなったり慢性化したりします。




もう一歩深く話すと、加茂整形外科で多くの症例が物語っているのですが、ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性膝関節症など「構造の異常」で痛みや痺れが出ることは生理学上ありえないことで、

これは、特別なことではなく多くの文献でも認めれてきており「過去60年の痛みの考え方は間違っていた」ということも言われています。



ただ、慢性化すると脳が痛みを記憶するので慢性痛は脳の反応(これまでの経験や体験、思考)が深く関わるので個人差が出てくるので治りやすい人、治りにくい人が生まれてくるのです。


だから、治療は筋肉のSPASMを取ることと、患者さんの脳を変化させるために安心させれる説明や治療をしていかなくてはいけないし、改善が見られなくても、治療法は変えながらも「脳と筋肉」に標準を当ててしていく必要があるのです。
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。