Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081125230059


スタッフの誕生日でした

スポンサーサイト
◆プラセボ処方は日常的:米国の内科医、リウマチ医対象調査

アメリカの臨床現場ではプラセボ処方は日常的に行われており、処方する医師は倫理的に特に問題はないと考えている実態が、NIHのJon C Tilburt氏らによって報告された。内科医およびリウマチ医
各600人ずつ計1,200人を対象に、プラセボ処方の状況と、処方する医師の意識、態度について、メールアンケートで行われた調査の結果による。BMJ誌2008年11月8日号(オンライン版2008年10月23日号)より。

回答者のうち、約半数が定期的に処方しており、62%が倫理的に許されると回答

調査は、プラセボ処方を行っている、もしくは推奨している医師がどれくらいいるのか、プラセボ処方を行うことについての倫理的な判断、患者に対してどのように説明しているか、に主眼が置かれ行われた。メールアンケートが行われたのは2007年6月。

回答を寄せたのは679人(57%、平均年齢51歳、81%が白人)だった。そのうち、「線維筋痛症に対して偽薬糖衣錠を処方する可能性はどれぐらいあるか」との回答に「かなりある」「ある」の項に回答したのが58%(残りは「ない」「未回答」)、またプラセボ処方の頻度について「週1回以下」「月2~3回」と回答したのが46%(残りは「しない」「月1回以下」)と回答し、約半数が定期的にプラセボ処方を行っていることが明らかとなった。

また、大半の医師(399人、62%)がプラセボ処方は倫理的に許されることと回答した。


処方が多いのはOTC鎮痛薬41%、ビタミン38%

プラセボの内訳については、食塩水(3%)、偽薬糖衣錠(2%)などはごく少数で、一般的に、OTC鎮痛薬(41%)、ビタミン(38%)が処方されていた。また少数だが顕著なのが、抗生物質(13%)、鎮痛薬(sedatives)(13%)との回答があったことだと著者らは指摘している。

さらにまた、プラセボを処方している医師の68%が患者に対してプラセボを処方する際、「普通は使わないけれどあなたにとって有益があるかもしれないので」と説明すると回答した。「プラセボです」と説明すると回答したのは5%に過ぎなかった。


Tilburt氏は「医師は患者に対してプラセボを使うことについて十分な説明をしていないようだ。またプラセボを薦めることに複雑な心境があるようだ」としている。

Tilburt JC et al. Prescribing "placebo treatments": results of national
survey of US internists and rheumatologists. BMJ. 2008 Oct 23;337:a1938.
doi: 10.1136/bmj.a1938.
60代女性

数年前より腰部に痛みがあり、整形外科ではすべり症と診断されている。

手術するほどでもないのでリハビリで様子をみましょうと言われる。

痛みはとれず、日によって強い痛みが現れるので心身ともに疲れ果てているとのこと。



さまざまな病院を尋ねたようですが、どこでも「すべり症」「手術しかない」「治らない」など悲観的な意見ばかり。
中には、「少しのヘルニア」など診断され、Drや理学療法士によって言うことが違うので困惑しているとのこと。

当院にこられたときは、紙にこれまでの治療の経過や診断名を渡してくれました。
そうとう、痛みに対して、体に対して不安をお持ちのようでした。


すべり症はよくあることで今の痛みとは関連しないこと、不安やストレスは痛みの原因になりえること、心身症、多くの痛みは筋肉の痛みなので心配要らないこと、などを説明してから治療に入りました。


バイタルリアクトセラピーを行い、自律神経へアプローチしました、

治療後は、いすに座るのが楽になり体が軽くなったとのこと。



何か、ストレスになるような事はなかったかと聞くと、母親の介護が数年前からありそのことでも心の疲れがあったとのこと。


治療が効いたのか、最初の説明で納得と安心が得られたために楽になったのか。。。


どちらにせよ、長年続いていた痛みが消失したということは、

1、様々な理由で「筋肉」の緊張が取れた
2、安心したことによる脳の変化
3、特殊な治療による「儀式的」な効果が脳に影響した(プラセボ効果)


ということなんだと思います。


整体師がよく言う、

「背骨のゆがみが取れたから」
「神経の圧迫が解消されたから」

この二つはまったく関係ありませんよ


東大阪市、ひがし整骨院
50代女性

よく歩いた次の日にひざが痛くなり、その後痛みが増したために整形外科にてレントゲンを撮る。

すると、半月版にひびが入っているためこれが痛みの原因と言われる。

当院来院時は、仕事を辞めなければいけないかもしれないと、不安を抱えていると訴えていました。



無症状膝のMRIにおける異常所見の発生頻度




無症状膝のMRIから、加齢に伴う半月板の変性と変形性膝関節症との関連および円板状半月板の頻度を検討した。対象は膝に外傷の既往がなく、症状のない健常人115名であり、年齢は13-76歳であった。半月板の変性は加齢とともに増加し、内側半月板の後節部で最も著明であった。内側半月板の後節部では全体の18.3%、60歳以上では41.7%に断裂を示すgrade3を認めた。円板状半月板は15膝にみられ、すべて外側であった。円板状半月板は広い年齢層にみられ、その頻度は13%であった。年齢に伴う半月板の変性の増加は他の欧米の報告と同様であったが、軟骨下骨異常の頻度は著明に高かった。その原因として日本人の生活様式や遺伝的要素が考えられる。本研究により、健常日本人における膝関節MRIの異常出現頻度が明らかとなり、有症状の患者を治療するにあたり有用な情報となる。

J Orthop Sci 掲載論文要旨    日整会誌76

福田昇司  正木國弘 高麗文晶



これらを説明し、まず安心してもらうのと筋肉等の軟部組織の治療をしていけば症状は変化すると思うことを告げました。

実際に明らかな、大腿部の圧痛があることからも何らかの症状の改善は見込めるでしょう。

とにかく、~できなくなる・・・的な不安は解消してもらうように説明しないと治療は進みません。


傾聴。共感的受容。支持。保障。

「痛み」の定義

国際疼痛学会 1986年


痛みとは組織の実質的あるいは、潜在的な障害に結びつくか、このような障害をあらわす言葉を使って述べられる不快な感覚、情動体験である。


東大阪市、ひがし整骨院
イギリスの病院で


不定愁訴で訪れた患者さんのうちの半数には、


「具合が悪いのですね。でも、2,3日で完全によくなりますよ」


と医者が言い、別の半数の患者に対しては、


いろいろ調べましたが、原因がはっきりしません」


と言った。


その後調査すると、医者が「治りますよ」と言ったグループは症状が軽くなったり、症状が消えたりした。


この結果は、医者(治療者)が、患者の状態に配慮して言葉を選んで使えば、患者は回復の方向に背中を押されたように動き始めることができるのです。


言葉を媒介とする心と体の密接な関係があり、医者(治療者)はこれを治療の上で利用することができる。



東大阪市、ひがし整骨院

018_convert_20081106010217.jpg



90歳で現役の武術を指導しておられ、もちろん動きも機敏。

なぜか、整体や心理カウンセラー的なこともこなす、尊敬できるご老人に何か書いてくださいと頼んだところ

「自然に生きる」

という言葉をいただきました。


入り口に飾らせてもらっています。


東大阪市、ひがし整骨院

本当に、本当に当院のスタッフは良く働いてくれまして優秀すぎて頭が上がりません。

みんな、個々の目標が高くモチベーションも高く、何よりこの仕事が好きで、この院を良くしようとしてくれているのがひしひし伝わってくるんです

こんなに、純粋に働いてくれるスタッフに囲まれて僕はとても恵まれてるんだなあ。。。


僕も負けていられません!

院長をやっている以上、もっともっと勉強し、治療技術はもちろん、人間性を高める義務があります。

僕と言う人間に求心力が無くては、働き甲斐も無いだろうしこの治療世界に魅力をもてなくなる可能性もあります。


僕は、人を楽にすることのできるこの治療の世界が大好きですし、勉強することも吸収することも大好きです。まだまだ向上心、探究心、好奇心、初期衝動は溢れかえっています。

この気持ちが、スタッフにも伝わってくれればうれしい限りです。

そして、強要はもちろんしませんが、この世界の扉を少し開けて見せていますので後は自分の意思で入ってきてもらえたら幸いです。


そして、最後まで同じ仲間と長く一緒に働いていきたいと夢見ています。


明日からも、みなさん一緒に全力でがんばりましょう!
一人でも多くの患者さんが笑顔に、楽になってもらって、僕たちの治療で「人生を変える」事ができるように努力していきましょう

東大阪市、ひがし整骨院

今日も多くの患者さんに来院していただきました。

いつも込み合って申し訳ありません

しかし、当院の考え方として(どこでもそうでしょうが)

どんなに込み合っても、その場で目の前の患者さんに何らかの身体の変化を感じてもらう。楽になって帰ってもらう。

と公言しております。

だから、一人一人全力で治癒に向けて施術しております。その為、他の患者さんを待たせても目の前の患者さんに全力投球しますので、待ち時間が長くなることがあるんです。

相手が、物ではなく魂のある「ヒト」ですので、予定どうりには進まないこともあるんですよね。

その分、待ってでも受けたい治療と思ってもらえるように、こちらの技術をフルに使って体調が改善してもらえるように一生懸命取り組みます

そして、一日でも早く回復され心も身体も笑顔で元気になってもらえるようにこれからもずっと努力していきます。


今後も、ひがし整骨院をよろしくお願いします

東大阪市、ひがし整骨院
日本には長年「大学病院経由指圧院行き」というパターンがありますが、これは医療が患者さんのニーズに応え切れていないことの表れだと考えています。

つまり、例えば肩こりの患者さんが来院すると、血液検査やレントゲンなどで異常がなければ、すぐに「異常なし」としてお帰り頂く。そこで、患者さんは帰りがけに指圧師のところに行く、というわけです。

患者さんが痛みを訴えても、レントゲンに写っているのは骨だけで、軟部組織(筋肉や靭帯)の異常はとらえられていないという現状があります。

このように診断学の中には肩こりなど筋や皮下組織などについての診断法が欠落しています。これは教育レベルの問題だと思います。筋肉や軟部組織まで含めてみる診断学の確立は、急務の課題だといえるでしょう。

吉田 浩  福島県立医科大学教授




お医者さんが言っているのだから説得力がありますね。

多くの痛みの原因は軟部組織のトラブルです。
後は、脳に伝える電気のトラブルです。


椎間板や半月版を診ても仕方が無いのです。



東大阪市、ひがし整骨院
80代男性


2ヶ月前より足の裏が強く痛み、歩くだけで痛み最近になり痛みが強くなっているとの事。

大きな病院の整形外科を2件回ったが、レントゲン・MRIの結果原因は分からず「膠原病では?」「痛風では?」と言われ調べたがそれも見当違いとの事。


一つの院では、骨の癒着を指摘されるも「この程度で痛みが出るとは思えないな~」と言われるなど、とても不安になっておられたようです。


もちろん、どう考えてもこのパターンは筋痛症(MPS)だなと即座に思いました。


TP荳玖い_convert_20081101013503


治療は、足底筋にスーパーライザーをあて、少し筋膜と筋肉を緩めました。

その場で軽くなったと言われました。

「今まで、どこに行っても原因が分からなかったけど、筋肉と聞いて安心しました」


いくら、有名な病院でも、大病院の有名先生でも多くの医師には、「筋肉が原因となった痛み」を知らないのです。それか、勝手に治るものと軽視しているのです。


大病院の整形外科と小さい整骨院。。。

おたがいがんばらないとね。



東大阪市、ひがし整骨院
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。