Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「100円で30分もみますよ~」


「お仕事お帰りですか?今ならマッサージすぐできますよ」


「マッサージしています。よろしかったらお越しください」




町で見かける光景です。

これを聞いて一般の人は、


呼び込みがんばってるね~。集客大変なんだろうねぇ



と思うでしょう。




でも、実は国民健康保険を使用する「整骨院」が呼び込みを行っているのです(実話)

もちろん、整骨院(国家資格)が呼び込みなんてありえません

病院の先生が呼び込みをしているようなもんです。


ルールもマナーお構いなし。



ほんとにボケたれな奴らです・・・・


中には、拡声器を使っているところもあるとか・・・



整骨院は、健康保険を使い安くもんでくれるところ。



と、一般の人が誤解するようになってきたのも、こんなボケたれ連中のせいでしょう。



おそらく、そこの院長ではなくオーナーの考えなのでしょうが、そんな所辞めればよいのにね。


高校卒業したての若い子は、純粋まっすぐ君が多いので、それが普通と思ってしまっているのかもしれません。


院長かオーナーに対して、「呼び込みはおかしいのではないですか?やめましょう。」と言うスタッフが出てこないのが摩訶不思議



みなさん、整骨院はマッサージ屋ではないですよ!

そんな院を繁盛させてはいけません!

真面目にやっている所が馬鹿を見るのは終わりにしなくては。





スポンサーサイト
新しく導入したものです。



ウォーターサーバー

P1000545.jpg

熱中症予防の意味をこめて。


スピーカー

P1000549.jpg


交感神経が落ち着くBGMを良い音質で



観葉植物

P1000547.jpg

コケ

P1000548.jpg


植物は世話が大変です。。。買うだけ買って、後はスタッフに丸投げしてますいつもありがとうございます。



A3プリンター

P1000553.jpg


院内POPや新患説明のPOPを大きい用紙で作りたかったので購入



フェイスペーパー

P1000552.jpg


色んな絵柄があるフェイスペーパーは患者さんにも好評です



フライヤー

P1000546.jpg

新作を作りました!



柔軟剤たち

P1000551.jpg


ほとんどコストコで購入しています。



ドラゴンボール全巻

P1000550.jpg


今まで硬派な本ばかり置いていたので、子供受けするのも大事かと思い購入しましたが、買った本人が一番はまっています(笑)




これからも、院内を良い方向へ変化させていこうと思っています

診療後の勉強会が終わり、そろそろ帰ろうとした時、

 

 

すいません~

 

 

と、急患さんが来られました

 

 

調べると、肩を強く打ち付けて、手が挙がらない状態でした。

 

 

脱却?骨折?

 

と頭を過ぎりましたが、

幸い打撲による筋損傷のようでした。

 

 

脳に対して治療をしましたら、肩が挙がるようになりました

 

 

テープを貼って、注意事項を告げて終了です

 

よかったよかった

 

 

 

「こんな時間まで開いていて助かりました!」


 

とは、患者さんの一言。

 

 

たしかに、病院は早く閉める所が大半ですが、整骨院は比較的遅くまで開いてますもんね。

 

 

急性外傷の患者さんや、帰りの遅い方達から、

「整骨院は必要な存在です。」

と言ってもらえるようになりたいですね

 

 




TSUTAYA宅配レンタルちゅうのをはじめて利用しました

 

 


 

 

便利~

 

 

最近院内BGMはJAZZを流してまして

さっそくレンタル

 

 

 

廃盤もおいてたりと、TSUTAYAさんには今後もお世話になりそうです

 

 

ある人との会話から抜粋




開業して順調に行く先生は、自分の治療や考えに自信を持ちながらも、勘違いせず、先を見越して、経営者になることをしっかり考えて、素直な心で勉強し吸収している。



逆に、次第に治療や経営に行き詰まる先生は、間違いなく勘違いしている。

繁盛院にいるだけで、自分が患者様をよんでいる、自分の治療や存在も繁盛している要因の一つだ。
自分には知識があり、患者さんが治っているから治療は効いている。


決して、スタッフの総合力や経営者の地道な努力や、知名度、タイミングなどが繁盛の基礎にあるとは考えられず勘違いのまま先走る。


勘違いしたまま、勉強不足で開業。






今まで、多くの開業者や学生と接してきましたが、たしかに勘違い君は多いですね。
妙に自信とプライドだけ高く、先を甘く見ているという間違った勘違い。


今までは、そんな人でもある程度食べて行けたのが治療業界でした。



これからは、そう甘くは行きませんよ~



最近開業された知り合いの先生の治療院へ見学に行ってきました


 

頑張ってますね~

 

 

すごくお世話になった先生でしたので、順調にいってると聞いてひと安心

 

 

すごく勉強熱心で、努力家でもあり、開業にあたっても何年も前から練ってましたので、うまく行くだろうな~と当時から感じていました

 

おたがい、人生の目的を達成しましょう!

 

 

 

 

人の院を見させてもらったり、町を歩いたり、人にふれたり、雑貨屋さんに行ったり、自然に触れたりと何らかの行動をしていると、色々と案がひらめいてきますよね。

 


大好きなヴィレッジヴァンガード

 

 

 

ああした方が患者さん喜ぶだろなぁ

 

待合室にあれを置こう

 

あそこをこうしよう

 

 

 

と、頭に浮かんでくるんです

 

 

 

お金かかる案が多いのですが、、、

そこは自己投資!

 

ひらめいた事には、財布を気にしないシュギです

 

 

 

まずはやってみる。ダメなら次を考える。

 

 

 

今回も、何個かひらめきがあったので、まずはノートに絵で記入しときました。(ひらめきを絵や図で記しておく事は、マクド社長さんから頂きました

 

 

そして、さっそく行動

思い立ったが吉日ですね

 

 

お金かかったけど

 

投資は無問題

 

 

今月は、出費が多くヒーハーなのでした。

 

 

 

わが家の猫ものびています

moblog_aca561e2.jpg


 

 


b0052170_0373027.jpg


hirogari.jpg


加茂先生のブログより



すべての痛みは、線維筋痛症の卵と考えなくてはいけません。


線維筋痛症というのは、全身の筋肉が異常に痛くなる疾患です。


痛みに負けて自殺する方もおられます・・・・



ですから、患者さんには痛みを我慢せず、早期に除痛することの大切さを知らせなくてはいけませんね。

それと、線維筋痛症をはじめ慢性疼痛の事を理解している病院や施術院を探す必要もあるでしょう。




最近でこそ、線維筋痛症の名前は多くの人(医師を含む)に認知されてきましたが、


未だに、筋筋膜疼痛症候群という名前は浸透していないですね。。。。



患者さんも、ある程度勉強しておかないと、被害者になるかもですね。。。



CRPSタイプ2は、手術の後か無理な施術(背骨をバキバキなど)の後に生じるようです。



当院でも、頚椎の手術の後にアロディニア(触るだけで痛みが走る)になってしまった患者さんが来られています。

しかも、首も治っていません。

本当に手術が必要だったのか?筋性疼痛を鑑別したのでしょうか?



もっと、線維筋痛症や筋筋膜疼痛症候群を広めていかないと、これからも、難治性の慢性疼痛患者さんは増えてしまうでしょう、、、






CUPNOODLEごはん


 

今話題?の商品をUさんがお昼ご飯に買ってきました。

 

 

ナチュラルハイジーンを推奨している、健康マニアの私が発した第一声は、

 

 

「体に悪そう!」

 

 

世の中には、ラーメンライスと言う、ラーメンとご飯を混ぜて食べる種族がいるとは聞いていましたが。。。ついに商品化されましたか。。

 

 

 

体に悪いやろ~ 

 

と悪態をつきながらも、良い香りがしてくるもんだから、頂きました 

 


 

もぐもぐ、ゴックン

 

 

う~ま~いぞ~!(ミスター味っ子風に)

 

 

と、思わず声をあげる程おいしかったです

 

 

どんな味かと言うと、カップラーメンにご飯をいれた味です。

そのまんまです

 

 

関西限定みたいですので、健康上等な人は1度どうぞ

患者さんへ、手書きで何か一言を書きましょう

 

 

と、チームに課題を出したのですが、

 

 

予想を超える仕事をしてくれました

 


 

 

期待していた以上の成果を見せてくれてありがと~

 

院長が1番雑だね、、(スヌーピーです)

 

 

120%の仕事が出来る人は、なにをしても強いですよ~

 

この勢いで何事も行きましょう

 

マクドナルドの社長さんの書籍からの引用です。

 

彼が新入社員の時、入社式の場で、人事部長から社会人の心得を言い渡された時の言葉です。 

 

 

入社式に遅刻をしてしまい、その際、人事部長から、

 

「会社は学校とは違う。今日から給料を貰っているのだから、遅刻なんてとんでもない。自分が会社に貢献できているかどうか、日々考えろ」 

 

 

さらに、学生と社会人との違いも話しました。

 

「学生時代なら、先生が[1+1は3だ]と言ったら、すかさず[違います。2だと思います]と言える。

社会人になったら、上司が[1+1は3だ]と言えば、まず、[分かりました]と受け止め、しばらく考えて、どうしても「2」だと思うときには、[よく考えてみましたが、どうしても2だと思います]

と、礼節を持って提案する。

これが学生と社会人との違いだ

 

 

と言われ、ショックを受けたようです。

 

 

 

この社長さんは、著書で成長する人が持っている三つの共通点の一つに、礼儀をあげています。

(気配り、好奇心、礼儀を今でも自分に言い聞かせているようです)

 

 

「例えば、反対意見を言うときにも礼儀があります。上司にノーを言える職場にしましょうと提案すると、無礼な態度でノーを言う人がいますが、これは勘違いも甚だしいとうものです。

礼節を持って相手に理解を求める言い方をし、そういう態度が取れるかどうか。もちろん、これは[精神的な礼節]です。

 

 

 

 

 

私自身、今まで少ない数ではありますが、人を雇ってきました。

 

基本優秀な人が多いのですが、中には、間違った勘違いで、上司の恩も忘れて、「礼節」を無視して自分の要望ばかり告げてくる人もいましたね

 

 

その内の一人に、働き始めた頃の自分も含まれていますが

 

反省

 

 

 

大企業の社長が言うぐらいなのですから、礼儀が無い人はどの業界にも多いのでしょうね

 

しかも、そういった人達は成長しない。。。。

 

 

礼儀、礼節

 

 

あたり前の事ですが、個人主義の時代、忘れがちな人が多いです。

 

複数で働く職場では、礼節を忘れて個人主義で暴走されると組織は崩壊します

 

 

礼儀礼節の大切さは、自分にも言い聞かせ、組織にも浸透させねばなりませんね

 

 

今日読んだ本です。


moblog_b79fd053.jpg

平林都の接遇道2<極意編>平林都の接遇道2<極意編>
(2010/08/06)
平林 都

商品詳細を見る


日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉
(2008/02/19)
原田 泳幸

商品詳細を見る




どちらも素晴らしい内容でした

 

 

原田氏の本で印象に残ったのは、


 

成長していく人には、いくつかの共通点がある。

一つは、気配り、気の利く人

二つ目は、好奇心。

三つ目はは、礼儀、礼節。
 



詳しくは、本を読んでもらいたいのですが、なるほど~と納得できました

 

 

平林先生の書籍も、前著をさらに深くついた内容で、自分にもスタッフにも落とせるものでした。

 

 

お二人とも、情熱が並大抵ではありません。

 

 


成功は失敗の中にこそある

 

未来思考で考えなさい

 

日本人の心を大切にしなさい(心づかい)

 

過去を見るな前を見ろ
 
 



 

学ぶことが多いですね。

 

 

それにしても、本というのは安い自己投資です


書いているほうは、膨大な時間と労力がいるのに、買うほうは千円、二千円でその人の「考えのまとめ」が分ってしまうのですから。


様々な自己投資はあれど、こんなに効率の良い投資はないですよ!



世の中、うまく行っている人は読書家が多いですよね。


たった、一冊30分~60分の時間を、「めんどくさい」と逃げて、自分の快楽に向かうようではこの不景気の世の中、余程の運が無い限りうまく行かないでしょう。。。


と、とある先生がおっしゃってました。

まずは、知りたい分野の本を100冊読みなさいともおっしゃていました。。。




早く気づいて行動したもの勝ちです

moblog_714f9688.jpg

今の面影はありませんね

 


moblog_3b61b7d9.jpg

まだしっくりきません

 

 


moblog_3130db1a.jpg

ようやく親しみが感じやすい顔に。

 

 


moblog_5b2d3635.jpg

 

 

世界的に有名なスヌーピーでさえ、変化を続けているんです。

 

 

変わる事や変化を恐れたり、嫌っていては成長はありえません!

 


moblog_709a9f79.jpg

よい言葉を発見

moblog_2741c8fd.jpg

お寺を通りかかった時に目に入りました。 

 

 

ある知識人が、

 

スピリチュアルが流行っているが、そう言った人達から、高いお金を払って聞く言葉より、修業を繰り返しているお坊さんや住職の方達の方が、お金もかからず、人間の真理をついた良いお話を聞ける。 

 

と言われてましたね。

 

 

いつもありがとう 

今日から盆休みです

 

時間を有効に使うため早起き



 
moblog_83f24888.jpg
 

2時間しか寝てないと、少々自分に罪悪感を持ちながら、行ってきます

 

お盆休みは、


15日(日曜)までです。

16日(月曜)より通常診療です。


よろしくお願いします。

かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智恵にみちびかるべし。

宮沢賢治


悲しみは力になり、欲望は慈しみに、怒りは智恵へと変わっていく。
ネガティブな感情をポジティブなものに、努めと変えていこう。
心持ち一つで生きる姿勢も変わっていくもの。
お昼休みを使って、父のお墓参りに来てます。

 

moblog_42916401.jpg


 

自然が多い場所なので、ゆっくりとくつろいでくれていると思います。

 

 

こうして生きているのも、先祖からの繋がりのおかげです。

 

 

お墓参りをして、ご先祖様に感謝をしないと

 

 

ありがとうございます!

 

 

70代女性


数ヶ月前に、ひざの痛みで当院に通院していましたが、その時は幸い症状もほぼ無くなり

「そろそろ完治かな~」と予測していた矢先に突然来院されなくなりました。



治ったんだろう。

他に、自分にあった治療法を見つけたのだろう。



と思っていたのですが、



なんと、階段から転倒したようで、ひざを捻り腫れあがったとのこと



そのまま、近所の整形外科にて水(血腫)を抜いてもらい腫れは引いたようです。



しかし。。。



その際、レントゲンを撮り



「軟骨が無くなっているから、週一回ヒアルロン酸を打ちましょう。あとは、痛み止めとシップを張っといて」



と、


お決まりの・・・

定番の・・・

慢性痛の概念の無い・・・

転倒で軟骨が無くなったと思っているのか・・・

それまで、痛みが無かった時も軟骨は無かったはずなのに整合性の無い説明・・・

筋肉を触診さえしない・・・・





という、「軟骨が犯人」という残念で間違った診断がくだりました・・・




それから、半年以上そこの整形外科に通院していたようですが、一向に良くならず・・・


(まあ、治療ポイントが外れているから治るわけも無いのですが、、、)(プラセボはあるだろうけど)




ついに、

「治らないのでまた診てもらえませんか」


と、当院へ来てくださいました。(今朝捻り痛み↑ため)



詳細に検査をしてみると、


ひざも股関節も硬まっていて、太ももの内側も筋肉の緊張が亢進している状態です。

かばっていたため、当院通院時よりも右太ももがやせておりました。

ひざを曲げていっても、曲げきる前から痛みがでるし。。。



これはどう診ても、


軟骨の磨り減り(軟骨が無い)のが問題ではなく、


筋肉や筋膜の問題でひざが痛くなっているのが分かりました。




血を抜くまでは良かったのでしょうが、その後の治療は正直お粗末ですよね。。。




今日の施術後は、ひざの可動性や動作時の痛みは消失していました。



が、残念ながら、痛みを放置していたので、(適切な施術をしなかったので)


脳や痛覚神経に痛み信号が記憶されているかもしれません。(可塑性)


こうなると、早期の治癒はなかなか難しいことになります。(神業クラスのすごい先生ならあっさり治すのでしょうが。。)



しかし、痛くて効果の薄かった「ヒアルロン酸の注射」よりは、早い回復へ導けると踏んでいます



軟骨がどうのこうの言われた方は、筋肉はどうなっているかもその場で調べてもらうべきでしょう。

 




かわいい~


ちいちゃん笑顔










みなさん、この画像を見て笑顔になりましたか?



無表情のお方は、犬嫌いか、心が疲れているか、、、



笑顔が健康に良いことは科学的に立証されています!


痛みを抱えると、なかなか笑うことが少なくなったり、難しくなったりするものですが、、、



笑顔になってもらえるよう、ひがし整骨院では最善の治療とアフターケアを提供します!!



膝前十字靱帯断裂の急性期は、まずリハビリを


米国では毎年20万件以上の膝前十字靱帯(ACL)再建手術が行われ、直接医療費は約30億ドルに上ると推計されるが、ACL再建が他の治療に比べて優れているとのエビデンスは、質の高い無作為化試験によっても明らかにはなっていない。ACL断裂は、若年者の活動性に重大な損傷をもたらすため、特にスポーツ愛好者・選手は、スポーツ再開を望み断裂修復こそが最良であるとみなし手術を受けるが、治療の中心はあくまで保存療法(体系的リハビリテーション)である。ただし現状では必ずしもリハビリは行われていない。そこで、スウェーデンのランド大学臨床科学整形学部門のRichard B.
Frobell氏らは、ACL断裂の至適な治療戦略に関する検討を行った。NEJM誌2010年7月22日号掲載より。

リハビリ+早期ACL再建 vs.リハビリ+必要に応じたACL再建

Frobell氏らが検討した治療戦略は、体系的リハビリテーション+早期ACL再建(早期再建術群)と、体系的リハビリテーション+必要に応じて行うACL再建(待機的再建術群)の2つで、無作為化試験にて行われた。

対象は急性期のACL断裂を有した活動的な若年者121例。

主要アウトカムは、ベースラインから2年時点までの、KOOS(Knee Injury and
Osteoarthritis Outcome Score)の、4つのサブスケール(疼痛、症状、スポーツ・レクリエーション時の機能、膝に関係するQOL)の平均スコア(0~100;点が高いほど良好)の変化とした。

副次アウトカムには、KOOSのサブスケール5つすべて(前述+ADL機能)、SF-36健康調査票の結果、Tegner Activity Scaleスコアを含んだ。

2年時の主要アウトカムの差は0.2ポイント

早期再建術群に割り付けられた被験者62例のうち、1例は手術を受けなかった。一方、待機的再建術群に割り付けられた被験者59例は、手術を受けたのは23例で、36例はリハビリテーションのみで手術は必要としなかった。

KOOS(4)の平均スコアの変化は、2年時点で、早期再建術群が39.2ポイント、待機的再建術群が39.4ポイントで、両群の絶対差は0.2ポイント(95%信頼区間:-6.5~6.8、P=0.96)だった。

副次アウトカムについても、両群治療戦略間に有意な違いは認められなかった。有害事象は両群で同等に認められた。実際に行われた治療に基づき分析した結果も同様だった。

これらからFrobell氏は、「ACL断裂を有した活動的な若年者では、リハビリ+早期ACL再建術の治療戦略が、リハビリ+必要に応じたACL再建術の治療戦略と比べ、優れているとは認められなかった。また後者の治療戦略を取ることで、再建手術がかなり減った」と結論している。


文献
Frobell RB et al. A randomized trial of treatment for acute anterior
cruciate ligament tears. N Engl J Med. 2010 Jul 22;363(4):331-42.




医学は賞味期限というものがありまして、昨日まで常識とされていた事が、一つの研究で覆ることも多々あることです。


常にアンテナを張り巡らせて最善を探ることが必要です。


医学部を卒業した時の知識を一生涯変わらずその知識のままで診察し続けてしまう。
というのが問題になったこともありましたね。


常識を疑え。自分を疑え。

近所の和菓子屋さんに行って来ました

 

 

老舗で高級なお店です。

 

 

そこで、和菓子を三つ程買ったのですが、包んでいる待ち時間の間に

 

 


 

予想外の、わらび餅とお茶のサービス

(写真は、食べ終わった残骸です

 

 

これぞおもてなしの心

 

 

今年ののキーワード

 

「豊かさ」

 

を、体験させていただきました

 

 

この精神は、整骨院の仕事でも大切ですね!

 

ごちそうさまでした。

 


 

診療終了後に、突然のさし入れが

 

専門学校の同期であり、パティシエであり整骨院の先生でもある、異色の経歴、N先生。

 

自身の経営する(?)店のパンを持って来て下さりました 

 

 

久しぶりの再会にビックリしたよ~

 

 

元気そうでなにより。

でも太ったね

 

 

みんなで頂いたよ

 

おいしかったありがとう

 

 

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練てす。

宮本武蔵


「五輪書」より。
剣豪として名高い宮本武蔵の言葉。日々の稽古を重ねることが、強くなる秘訣だ。天才でさえこれほどの努力を自らに課したのだから、凡人はなおさらのことだ。

母校の柔道部の後輩が当整骨院に通院しているのですが、


このたび、府の大会で優勝しました


やったな!!



一つの成功体験で、人は飛躍的に成長するものだから今後の活躍が期待できますね~


ゴールはまだまだ先!めざせ、オリンピック金メダル



これもすべて、本人の努力のたまもの

すごい練習量だし、すごい理不尽な世界だし(笑)


その中でも、

「本気」で努力したものだけが手に入る「成功」

本気でがんばったんだね!おめでとう




私たち社会人は、「本気」でチャレンジしているトップアスリートを見習わないといけませんよね。


素直で、熱くて、何でも吸収し、自分に厳しく他人に責任転嫁しない。





自分で勝手に壁をつくる。

人を愚痴って、「自分が」とは考えない。自分で変えようと考えない。

「すべて与えてもらえるもの」と子供思考を捨てられない。

素直な感性が無くなり、ひねくれたものの見方しかできない。

一所懸命や努力の基準が三流大学。

我慢・忍耐力







挙げればきりが無いですが、書いておきながらドキッとしますね




皆さんも、

ひたすらに、優勝・金メダルを追いかけた事。

絶対受かってやると望んだ受験勉強。

等・・・・



人それぞれの、「本気・一生懸命」を忘れていませんか




これから先、「本気・一生懸命」が備わっている人材が、同業種で「現れ続ける」ことを理解していますか?


やりあえると思っているのか



人のせいや、壁のせいにする暇があるのなら、自分の気持ちやスキルを成長させる時間に使わなくては。

少なくとも、現状できる範囲の中でもよいから。



愚痴や言い訳を発すると、そうした人が集まってくるようです。

素直な人には素直な人、熱い人には熱い人が集まってくるようです。(引き寄せの法則)


それは、仕事中も休み中の発言も同じ。本質が同じ人同士が集まるようです。


鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
(2006/05/10)
野口 嘉則

商品詳細を見る





気をつけねば・・・


と自分に言い聞かせ、次の行動を創作している昼下がりでした。




机の前に座り計画を練るだけで一歩も動かないで老いぼれていくのはゴメンだ♪



プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。