Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームキラーとは、その名の通り人の夢を壊す人のことを言います。


自分の願い事や夢を人に語るとき、



「それは無理やで~」

「私はやめたほうが良いと思うけど」



などと、否定されることが多いものです。




このドリームキラーは、実は、親や上司や同僚といった身内に多いのだとか。


特に、子供は多くの夢を持って生きています。


何気ない一言に、親が無意識のうちにブロックをかけていたら・・・・





さて、多くの大人はドリームキラーの存在を小さい頃から経験で認識しています。


ですから、人前で夢を語れない人が多いとか。


否定されるのが怖いのと、はずかしいからなんですね。


ドリームキラーによって否定されると、やる気を落としてしまうから「人に夢は語ってはダメ。」という人もいるらしいです。





ある人から教わりました。


「目の前の人はあなたの夢に関心がない」


これを知っておくことがコツです。そうすれば、何を言われてもへこまないし、気にしなくなります。


だから何を言われても、夢を口に出して言い続ける事。


なぜか。


それは、自分自身が聞いているから。それが、潜在意識として脳に残るからです。


そして、50人に1人ぐらいは、本気で応援してくれる人がでてきます。






たしかに、多くの人は人の夢を聞いても、その場では共感しても30分後には「今日の昼は何食べようかな♪」ですもんね(笑)


やっぱり、願っていることは言い続ける方が得策ですよね




さて、これは患者さんのリハビリにも同じことが言えます。


「歳のせいよ」

「最近老けてきたんじゃない」

「ある程度はしかたないよね」

「治らないから」

「現状維持で」

「何もやっても同じ」

「ある程度治ったらいい」

「仕事をしているから治らない」

「~をしないと痛くなる」

「以前のようにはいかないよ」

「だって、~だから」

「分かっているけど~だから」

「人によって合う合わないってあるから」

「このままで本当に治るのか」

等々。。。



目の前のお友達や旦那さんが、ドリームキラーになっていませんか?


それとも、あなた自身の脳がドリームキラーになっていませんか?




それでは、あなたの脳は


「元気な姿に戻る。健康な人生を歩む」


という「願い事」を叶えられなくなってしまいます。



と言うわけで、口に出して自分の「願い事」を言いましょう



ひがし整骨院は、患者さんの夢や願い事を絶対否定しませんからご安心くださいね


スポンサーサイト
ここ数日「脳」の使い方を勉強させていただきました。


その一つに記憶法


ふふふ


コツが分かってきましたよ~



この三日間の来院された患者さんの名前を全部記憶することができました


しかも、何番目に来院されたかも正確に答えることが出来るんです


「50番目に来院されたのは、二日前は~さん、昨日は~さん、今日は~さん」


てな感じです


自分の脳の力に驚くばかりです。


セミナーを受ける数日前までは、


「なんでそんなに記憶力良いんだろう?俺にできるのかな~?」


と、講演者の能力が信じられないのと、自分の事を信用できない自分がいましたが、



頭が悪いのではない、記憶力が無いのではない、脳の使い方がわかっていないだけ



と、先生に教わりましたが、本当にそうなんだと理解できました。




脳の使い方が分かっていないというのは、記憶法だけではありません。



夢や目標を持つ時に、知らず知らずの内に僕たちの脳は「出来るわけがない」とブレーキをかけてしまうのです。


本当にできないことはあります。100メートルを8秒で走れと言われても無理です


ただ、出来ると思っている所と、本当に出来ない所の間にある、


出来ないと勝手に思い込んでいるゾーン


を、取り払うことが出来れば今よりずっとずっと可能性が広がり、幸せな人生を歩める事を実体験させてもらいました




患者さんの痛みを取る、治癒力を高めるという視点からも今回受けたプログラムは応用可能だと思います。

というより、かなりリンクする所が多かったな~


将来的には、この経験を患者さんに還元するために、治癒システムを構築していきたいと考えています



マインドマップ



マインドマップ


mindmap_img2.jpg


g_week.jpg




興味ありありです


マインドマップとは?



とあるセミナーに参加しています

 

 

そこで、脳の働きや容量を増やすトレーニングをしているのですが

 

 

自分の脳の潜在力にビックリ

 

ウインドウズXPからウインドウズ7に脳がバージョンアップしたようです

 

 

一日受けただけで、160の単語を記憶できるように 

 

まだまだ、入門編なので脳がどこまで可能性を持っているのか楽しみです

 

 

 

老若男女、あらゆる職業の方が参加されてまして、新たな出会いや、情報や気付きを得られる貴重な体験をさせてもらってます 

 

 

 

今日は、誠に勝手ながら臨時休診になります。

 

 

とても楽しみなセミナーがこれから始まります

 


 

 

 

なるほど!と思ったお話です。



過去を振り返ってばかりの人は夢を叶えられない。

夢をつかむ人は未来志向で前向き




とは、夢の叶え方や人生教訓などで度々耳にする言葉です。



もちろん大切ですよね。




実はこの考えは、何も夢を追い求めている人たちだけではなく、



病気や痛みに苦しんでいる「あなた」にも言える事なのです




大原則として、


体が治る人は、未来に興味を持つ人です。

治らない人は、過去に興味を持つ人です。




初診時の患者さんはもちろん、

「あの時あんな事をしたから痛くなった」
「あんな治療を受けたから痛くなった」
「今までこうだったから治らなかった」
「あそこで、こんな事を言われた」
「昔は何ともなかったのに」



など、あげたらキリがないくらい過去の話をされます。(当たり前ですが)


これは「過去脳」



治療の説明を聞いたり、実際に受けたり、治ってきたりすると

未来の治っている状態を想像できるようになり、未来に興味をもつようになります。


「どこどこに行こう」
「もっと歩けるようになるんではないか」
「今より楽になるかも」
「良い先生に出会った。楽になりそう」



こういう人は「未来脳」




体が治る人は、未来に興味を持つ人です。

治らない人は、過去に興味を持つ人です。






そう考えると、私たち治療家のやるべき事のの一つに、



治る予感を与えられるか

未来をどうやってみせられるか

患者脳を未来モードに変えさせる事ができるか




が挙げられます。


治療技術云々の前に当たり前の事として、患者さんの脳を未来を見れるような状態に持っていかなくてはいけないのです。



治療は当然として、それ以外でも、会話を始め目に見えない物など全てにおいてアプローチする事が難治な患者さんを回復させる一つの方法なのです。



「昨日のご飯なに食べました?」Or「明日は何が食べたいですか?」



患者脳を未来モードへ・・・



苦しんでいる患者さんほど、未来は見通せないものです





頭の中にこのような事を入れながら施術をすることによって、患者さんの治癒力も変わってくるものです。




人を診るという行為は、本当に奥深いものなんですね。






原田 隆史さんの講演を初めて聞かせていただきました。



数年前に、陸上部だった後輩から、


「荒れていた学校の陸上部を率いて、公立中学なのに全国一位の常連校に導いた先生ですごく尊敬している。」

と聞いていたのですが、偶然に受けたフォーラムで偶然にゲストとしてお話を聞くことができました。(これは必然ですね☆〉



荒れている中学を再建していき、教育界でも大変有名な先生です。



熱意、考え方、子供への愛情、国を変えようと本気で行動している所など、お話を聞いているだけで熱くなってきました。


なぜ、教師になったのか、どういう考えで変革していったのか等、自分の考えにリンクさせる事が多くとても為になるお話を聞けました。




現在は、子供を育てるのではなく、より多くの子供を助けるために、教育者を育てる塾をしているようです。



このような素晴らしい本気の教育者が増え続ければ、未来の子供たちも幸せでしょうね。

プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。