Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンバーグと言えば

びっくりドンキー



おいしいですよね~



肉系はハンバーグしかないと思ったら、、、


002_convert_20110221010715.jpg


ほほぅ・・・ステーキ



おいしそー食べよ食べよ



と、はしゃいでいる時に



ふと視線を下げると、






003_convert_20110221010745.jpg




。。。。


なんて不味そうなサンプル(-_-;) 






ドンキーさんこれは要チェックですよ


でもおいしいから無問題




それにしても、あんなに不味そうなサンプルがあるとは。。。


スポンサーサイト
pc.jpg


現在の体の状態

これからどうなっていくのか

当院の施術で何がどう変わっていくのか

痛みは取れるのか



等々


患者さんにいかに分かりやすく伝えられるか



施術はベットの上だけではないんですよね。




こんな整骨院でも、多くの患者さんに期待を持って通院していただいています。


健康体に導くことが、最大のお返しだと思っています。


そのためには、アフターフォローも含めた様々なアプローチをしていかないと


そのほうが、回復する早さも治癒率もUPするはず。




そう思うと、資料つくりも楽しくなりますよ

分かりやすく分かりやすく



60代女性

施術前
1ty.jpg
力を抜いて普段通りに座ってくださいね。

施術後
2yu.jpg
同じように力を抜いてくださいね~



80代女性

施術前
3ghj.jpg

施術後
4ggg.jpg

施術前
5gbnf.jpg

施術後
6ggw.jpg


その人の限界はあるかと思いますが、80代の方でも一度の施術で姿勢は変わります。

■簡単な行動療法が高齢者の慢性不眠に有効
大西 淳子=医学ジャーナリスト

 従来の認知行動療法よりも簡便な行動療法が、高齢者の慢性不眠症の治療において有効であることが、米Pittsburgh大学のDaniel J. Buysse氏らが行った無作為化試験で明らかになった。4
週間の介入で半数を超える患者の不眠が解消し、その効果は介入終了から少なくとも6カ月後まで持続していた。論文は、Arch Intern Med誌電子版に2011年1月24日に掲載された。

 慢性不眠症は高齢者に広く見られる。不眠はQOLを低下させ、精神疾患や心血管疾患のリスクを上昇させる。薬物療法は有効だが、依存性が懸念されるほか、認知機能の低下や転倒を引き起こす可能性がある。認知行動療法も有効性が報告されているが、普及していない。その理由として、訓練を積んだ治療者が必要で、セッションの回数が多く、コストも高いことなどが考えられる。

 著者らは、より簡単で、介入期間が短く、患者が受け入れやすい行動療法があれば広く利用されるのではないかと考え、これらの条件を満たす行動療法を開発した。その効果を検証するため、高齢者を対象に、一般的な情報提供のみと比較する無作為化試験を行った。対象を高齢者にしたのは、不眠症患者が多く、薬物療法の有害事象が現れやすい集団だからだ。

 プライマリケア施設1カ所で患者登録を実施。並行して広告を出し、地域ベースでも患者登録を進めた。慢性不眠症で一般的な併存疾患を有する高齢者79人(平均年齢71.7歳、女性が70%)を登録、行動療法(39人、平均年齢72.5歳)または情報提供(40人、70.8歳)に無作為に割り付けた。いずれの介入も精神衛生専門のナースプラクティショナーが行った。


 行動療法は、最初に45~60分の介入セッション、2週間後に30分のフォローアップセッションを実施し、1週目と3週目には電話を通じた指導を行った。セッションでは、睡眠を促す要因、妨げる要因や、睡眠調節のしくみなどを教えた。介入のポイントは、


(1)ベッドにいる時間を短くする、

(2)睡眠時間にかかわらず毎朝同じ時間に起床する、

(3)眠くなるまでベッドに行かない、

(4)眠れないならベッドを離れる、

の4つとし、患者1人1人に適した睡眠のスケジュールや、眠れないときにベッドから出て行う活動などを決め、文書にして本人に手渡した。



 この方法は、不眠症に対する行動療法としてその有効性が報告されている睡眠制限法と刺激制御法に基づいている。睡眠制御は、睡眠の質を高めるためにベッドにいる時間を制限するもので、今回は、通常の睡眠時間+30分に限定した(6時間未満は認めない)。刺激制御は、ベッドは眠るための場所と認識し、眠れないときや深夜に目覚めた場合には起き出して、あらかじめ決められた刺激の少ない活動をし、眠くなったらベッドに戻ることを習慣にするという方法だ。

 対照群には、プライマリケアで不眠を訴える患者に配布されることが多い、米睡眠医学会製作のパンフレットを渡し、読むように指示した。

 主要アウトカム評価指標は、4週時点の治療に対する反応に設定。睡眠に関する質問票(自己記入と、面談して解答を得るタイプの2種類)と睡眠日誌(Pittsburgh Sleep Diary)から得られる情報に基づいて、
Pittsburgh Sleep Quality Indexのスコア変化と睡眠効率(睡眠時間/ベッドに入っていた時間)の改善レベルを指標に、治療に対する反応を寛解、奏効、部分奏効、不変の4段階に分類した。

 治療に反応(寛解または奏効)した患者の割合は、行動療法群の67%(26人)と情報提供群の25%(10人)で、カイ2乗値は13.8(P<0.001)。このレベルの改善を得るための治療必要数は2.4(95%信頼区間1.6-4.6)で、絶対リスク減少は41.7%(21.7%-61.6%)になった。

 介入終了時に診断基準に基づいて不眠ではないと判断された人の割合は、行動療法群の55%(21人)と情報提供群の13%(5人)。カイ2乗値は15.5(P<0.001)、治療必要数は2.4(1.6-4.3)、絶対リスク減少は42.4%(23.5%-61.4%)だった。

 催眠薬の使用、抗うつ薬の使用、睡眠時無呼吸の有無や、どの経路でこの試験に登録されたかに基づいて患者をそれぞれ2分し、サブグループ解析を行ったが、介入の効果は変化しなかった。

 行動療法群25人について追跡データが得られた。25人の内訳は、寛解9人、奏効12人、部分奏効3人、不変1人(介入終了後も別の治療は受けていなかった)。6カ月後の時点の評価では、10人が寛解、11人が奏効、3人が部分奏効、1人が不変と判定された。診断基準に照らし合わせると、もはや不眠症ではない患者が16人(64%)いた。また、これらの患者の睡眠日誌に記録された総睡眠時間は、介入終了時が340分、6カ月後には386分で、有意に延長していた(P<0.001)。

 高齢の慢性不眠症患者に対して、シンプルな行動療法は有効で、効果は少なくとも6カ月持続することが明らかになった。

 原題は「Efficacy of Brief Behavioral Treatment for Chronic Insomnia in
Older  Adults」、概要は、Arch Intern Med誌のWebサイトで閲覧できる。
http://archinte.ama-assn.org/cgi/content/short/archinternmed.2010.535


■広範な研究により果糖は食品摂取量を増やさず体重にも影響しないことが示された
Extensive research demonstrates fructose does not increase food intake or
impact weight

10-Feb-2011

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-02/kc-erd021011.php

Critical Reviews in Food Science and Nutritionに発表されたLaurie Dolan博士ら
のレビューによれば、果糖は過体重または肥満の人の食品摂取量を増やしたり体重や
血中トリグリセリドに影響したりしない。普通の量の果糖が他の炭水化物に比べて特
に肥満や食欲に影響することはない。





果糖と砂糖は違う。


と言うのはナチュラルハイジーンで教わりました



だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
(2002/03)
松田 麻美子

商品詳細を見る




この本は影響されましたね~


今でも、朝はフルーツかめんどくさい時は水のみ


慣れってすごいもので、朝をしっかり食べなくてもまったくお腹も減らなくなってます



ナチュラルハイジーンについてのハーヴィー・ダイアモンド氏の著書「FIT FOR LIFE」は、1985年の刊行以来、40週連続でニューヨーク・タイムズ紙の第一位にランクされるという脅威の大記録を樹立しました。

フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド 他

商品詳細を見る




今日のように、「病気の予防には果物野菜をしっかり食べなさい。」という概念が薄かった時代に出版され、現代で実証されているというのはすごいですよね。



私自身は、さすがにベジタリアン(ヴィーガン)にはなれませんが、この書籍に出合って野菜と果物を食べることが増えましたよ



しかも、こんなに体に良い事なんだ~と脳に入った状態で食べますので、プラセボ効果もばっちり



おすすめの書籍です

本日のMed. T. より

プラセボの鎮痛効果を実証:脳内でエンドルフィンを活性化
〔ワシントン〕 ミシガン大学(ミシガン州アナーバー)精神医学のJon-Kar Zubieta博士らは,鎮痛薬と偽ってプラセボを投与すると,脳内化学物質,それも鎮痛に関与する内因性オピオイドのエンドルフィンが直接活性化されることを証明し,Journal of Neuroscience(2005; 25: 7754-7762)に発表した。このエビデンスにより,プラセボ効果の脳内での作用機序の一部が明らかになった。

現在の共通観念とは相反する
筆頭研究者のZubieta博士は「今回の研究で得られた知見は,『プラセボ効果は暗示による純粋に“精神的”なもので,実際の身体上の変化を反映したものではない』とする共通観念に相反するものだ」と述べている。




患者さんとの会話において、それまでの経験を否定したり、訴えられていることに対して、頭ごなしに否定から入ることは、痛み疾患を診ることにおいて絶対にしてはいけない事なんです。


特に、医師や治療家は自分の考えと違うことを言われると、ばっさりと否定してしまう事が多いようです。


いわゆ「イキイキ反応」を引き出す。メンタルブロックを外していかないといけないんですね。気をつけねば。


共感。「うんうん」「そうそう」


これをいかに引き出せるか。


まだまだ頭で考えながらしかできていませんので、これが無意識に出来るようになれば、施術効果もUPするはず!


最近くーちゃん調子悪いみたい



実家から愛犬の知らせを聞いていたので会いに行きました。

017_convert_20110219235701.jpg


何やら歳のせいで足腰が弱くなったのか、または見えにくくなったのかで段差につまずいたりするようです。


溝に落ちてずぶ濡れになったとか



捨て犬だったので正確な年齢は分からないのですが、もう17歳ぐらいなのかな。



それでも、歳の割には元気に動くから一安心してたのですが、今日の散歩中に、、、



目の前の川に突然ジャンプするくーちゃん


あわてて、ひもを引っ張り落ちずに済みました。。。。



どうやら見えてない見たいですね。

022_convert_20110219235732.jpg

濁ってますしおそらく白内障なんでしょう。


一度病院へ連れていった方がよさそうです

それにしても、川に飛び込む犬を空中でギリギリ引き戻すシーンは漫画のようでした。

026_convert_20110219235808.jpg


50代女性

去年お正月に股関節が急激に痛くなり病院へ行く。

レントゲンを撮り原因が分からないので、MRIを撮る。


はっきりと分からないが、少し黒く映るものがあるので「大腿骨頭壊死」の可能性があると言われ経過観察をする。


その後、何度かレントゲンを撮るが「壊死」の可能性は低く原因が分からないと言われる。

「あまり左足を動かさないように」と助言される。()


整骨院にも行ってマッサージしたりしたが改善しなかった。

その内に症状が勝手に消失したので通院を辞める。




今年も、同じ時期に痛みが出始めご紹介で当院に来られました。





大腿骨頭壊死とは、その名の通り骨が壊死する怖い病気です。

アルコールやステロイドが影響します。




しかし、この患者さんは壊死ではなかった。



その途端、医師は「原因不明」になってしまうのです。



骨しか診ない、画像所見でしか診断しないからです。




当院で検査した結果、明らかな「臀部筋群と腸腰筋のMPS」だと想像できました。(関節の捻挫もありました)

MPSとは?


腹部筋群

臀筋群


関節が硬くなっているのや、筋肉の過緊張、骨格のバランス異常、またストレスなどもMPSの発症原因になります。


という事は、回復するためには早期の痛みの除去(この場合は、もう遅いかもしれませんが)



自律神経や脳などの中枢神経を介してのアプローチをして、全身のバランスを整え、関節の硬縮や筋肉を正常に変えること。



痛みを感じるのは脳。脳は「痛みの第二現場」と言われています。その意味でも、脳へのアプローチ(施術によるものと心理的なアプローチ)をしていくこと。



特に、マッサージや電気治療で改善しない方は、脳がかなり重要だと思います。




この患者さんもまだ初日ですが、関節の可動性と筋緊張の度合いが改善されましたので、おそらく良くなっていく事でしょう。
(ちなみに視力も、右0.7→0.8 左0.5→0.8へUP)



それにしても、壊死が否定された時点での、医師の「動かしたらダメ」という指導はどうなんでしょうか?


筋痛や筋膜痛の知識ゼロと言われてもしかたありませんよね。



安静や動作恐怖のおかげで、この患者さんの片側の股関節はそうとう固まってしまっています。




骨折、感染症、リウマチ、悪性腫瘍、炎症性疾患がないようであれば、安静は有害なのは常識なはずなんですが、、、
アメリカのメイヨークリニックの学長曰く「もっとも効果のある薬は運動である」と言われています。



もちろん、今後も大腿骨頭壊死や腫瘍を疑いながらの経過観察は大切になってきますが、MPSを理解していれば、必要以上にレントゲンやMRIを撮る事もなくなり、患者さんを必要以上に不安にさせることもなくなるでしょう。

またそれが、患者さんが早期に回復するためにも大切なことだと思います。




ホームページ作ってます

まだまだ未完成なのでがんばりまっす
前回の記事で紹介した一度の施術で視力が0.7回復したお子さんです。


施術前
(初前) (6)
(初前) (7)
股関節が硬く骨盤が浮いているのが分かります。



施術後
(初後) (2)
(初後) (1)
まったく浮いていません。



施術前
(初前) (10)
右肩と肩甲骨が下がっているのが分かります。横から見ると猫背にもなっています。
最近の小学生は姿勢が悪い子が多いようです。


施術後
(初後) (4)
バランスが改善しているのが分かると思います。



バイタルリアクトセラピーのすごい所は、わずか1分程の施術でこのような変化がでる事です。
余程の解剖学的短縮や拘縮が無い限りは、ほとんどの患者さんは数分の初回施術で体の変化を体験できますよ。



さらに、上級者の使い手の先生はもっともっと効果を出されます。
レントゲン像まで簡単に(?)変えちゃうんですから。。。




オステパシー、ホールインワンテクニック、経絡、トリガーポイント、、、、、


民間療法は100年以上前から様々な治療法が存在しています。
多種多様の中で、歴史から消えていくものもあります。そんな中、現在も受け継がれている治療法は、本当に効果があるからこそ、人を引き付け現在に残っているのだと思います。


バイタルリアクトセラピーも間違いなく、後世に残っていく素晴らしい治療法でしょう。




当院は、施術前と施術後に「視力検査」をしています。

siryoku.jpg



当院の施術は脳に対してアプローチするので、施術の効果を実証するために脳神経の一つ視神経の働きを調べるのです。


昨日の患者さんは小学生だったのですが、



出ました新記録


右目1.2 → 1.5

左目0.8 → 1.5





0.7UPです



小学生だからでしょうか。よかったね。



大阪に雪が積もるのは3年ぶりだとか



そんな中、我が地元生駒では、、、


110211_112724.jpg


110211_083426.jpg



冷え~


隣の県なのにこんなにも違うんですね。



足元お気をつけくださいね
ある日の会話


先生私の腰痛は骨盤がゆがんでいるからですよね。病院で、そう言われて手術でしか治らないと言われました。



いやいや、Aさん。骨盤がゆがんでいても痛みとは関係ないんですよ。だって、体が傾いている高齢者でも腰が痛くない人一杯いるでしょ?
あんまり気にすると、なかなか治らなくなっちゃいますよ。
病は気からと言うように、腰痛と心の状態はすごく関係してるから、気楽に気楽に。
骨盤も大事かもしれないですけど、この固まっている筋肉を何とかしたら良くなりますよ。年齢も関係ないです。



そうなんですか。体操をがんばります。




1週間後



先生まだ骨盤ゆがんでいます?骨盤からきてるんですよね~



Aさん、、、今の痛みは骨盤は関係ないから気にせずにね。それよりも、体を動かして筋肉ほぐしましょう。「ただのコリ」という楽な気持ちでいきましょう!



筋肉を柔らかくですね。分かりました




1週間後



先生腰だいぶよくなってきましたよ。でも、まだ骨盤がゆがんでいるからこれが原因なんやね。



。。。。そうですね。それも大事かもしれないけど、あんまり「骨盤」にとらわれないようにね。
ストレス溜めずに、気にしないようするに訓練しましょう。




1カ月後


先生。手術と言われてたけど腰の調子よくなってうれしいわぁ。
骨盤も前よりまっすぐなった?まだ歪んでいるから心配やわ。やっぱり骨盤からきてたんやね。



。。。。そうですね。骨盤だいぶまっすぐなってきましたね。でも改善してきてよかったじゃないですか~。骨盤もまっすぐなってきたから、再発する可能性も少ないですよ。よかった。







多くの患者さんが、病院や整体院で


「骨盤背骨に捉われすぎ病」


の暗示をかけられています。


上記の会話はよくあるパターンです。




一度病院で、背骨が歪んでいる、間が狭い。今は牽引しか方法がない。あとは手術しか治らない。


と、洗脳されると中々解除することが難しいものです。。。



害がなければ何を言ってもいいのですが、この手の患者さんは



背骨を治さない限り治らない。完治には手術しかない。歪みがある限り、いつ痛みが起きても不思議ではない。



と、間違った先入観のもと、治療を受けたり、日々生活を送ってしまうというデメリットがあります。




この方のように、洗脳されていても改善してくれれば万々歳なのですが、中には、



~だから治らない。



と、完全に関係ない事でも、それのせいで自分は痛いんだと、「理由づけ」になって治癒を阻害している方も多いのです。

ある意味、何十年も苦しんだこの症状、簡単に治ってたまるか!と潜在意識の中であるのかもですね、、、



慢性化する痛みや、難知な患者さんを減らしていくには、人生で一番初めに受ける治療法や説明が最重要になります。


そこで、訳のわからない説明(治らない、歳のせい、手術以外ない、背骨が歪んでいる、将来酷いことになる等)を脳に入れると、なかなか解除できなくなってしまうのですから。


現状は残念ながら、、、、


自己防衛は大切ですね。




子宮頸がん予防ワクチンに疑義



それまで、常識だと思っていることでも、疑ってかかる必要があります。


特に、医療の政界は賞味期限が短いですからね。



しかし、一般国民は何が正しくて何が間違いかは専門分野過ぎてわかりません。


お医者さんなどの専門職の間でも意見が分かれているわけですから。



ですから、身を守ろうと考えるのであれば、ある程度の知識は必要になりますね。



偏った情報だけでなく、対立する人の話も聞かないとね。



そうじゃないと、



電磁波はだめだ!

携帯電話もダメ!

~の陰謀だ!




などの、極論を唱える人のペースにはまっちゃいまっすからね。



近藤誠先生の新書が出ました。

あなたの癌は、がんもどきあなたの癌は、がんもどき
(2010/12/07)
近藤誠

商品詳細を見る



氏の書籍は、がんについてのみならず、様々な医療分野での本音を知ることができとても参考になります。


しかし、専門分野の医師からの反発も強いようです。(近藤氏もがん専門医ですが)


どちらが、理論的なのか。納得できるのか。。。



すべて自己責任という事になりますが、この手の本を読むときは読者が慎重に判断しないといけませんね。



ぐふふ・・・


わが愛しのチームスタッフの為の最強参考資料が完成しましたよ

中々の完成度です

P1010188_convert_20110205043322.jpg



これを受け取って、やる気スイッチがONにならない奴はいないはず。。。




「院長暇ですね~」

とか、

168e1e19e48f54956434f51fc1385b14208c206d.gif




なんて言う野郎は・・ 


05_116_convert_20110205044426.jpg



当チームは、みなさんモチベーション高いので、喜んでくれる事でしょう



ちょっと、深夜でテンションがおかしいですねすいません。





なにわともあれ、一緒に働いてくれている人たちには幸せな人生を歩んでもらいたいものです。

おせっかいかもしれませんが、ちょくちょく良い方向に誘導しようと心がけてます。



でも結局は、うまくいくもいかないも、成長するもしないも本人次第。。。。


なってみなきゃ分からない。やってみなきゃ分からない。の世界なんです、、、、



が、一生懸命を見せてくれる人には出来る限りの協力をしないとね。



何事にも、一生懸命はよいですよね。



何やかんや理由をつけて正当化しているけど、結局は自分が楽な方を選んでいるだけ。甘えているだけ。



結構こういう事ってありますよね。私もあります。




でも、結局は自分で気づかないといけないですもんね。
人に指摘されても、その時だけ「分かりました」ですもんね。



でも、この思考を直さないと、どこかで息詰まるのは自分、、、



そんな意味でも、アクティブブレインもそうですが、実体験して甘さに気付く「きっかけ」を経験する事はは大切だと思う所です。







5fkineharu-kendou43e4858ce2558.jpg


経営の神様と言われている松下幸之助さんですが、人間学(どうすれば幸せな人生を送れるか)においても、すばらしい功績を残しているのですね。


この言葉、私にはまだまだ浅くしか理解できません。


数年後には、同じ言葉でももっと深く理解できるような成長の仕方をしていきたいものです。


少し前に話題になった書籍です。



代替医療のトリック代替医療のトリック
(2010/01)
サイモン シン、エツァート エルンスト 他

商品詳細を見る





以前ジュンク堂でななめ読みをした程度なんですが、「ん~どうなん?強引。。。」


という感想を持ったのですが、アマゾンで見ると結構意見が分かれてますね。


アマゾンレビュー


まだ精読していないので、意見を言える立場ではりませんが、




レビューだけを見ていると、僕的には、星が☆、☆☆、の方が説得力があるし賛同できる部分が多いです。


治療家のみなさんはどうですか?







プラセボに関しての僕の考えです。

目的と手段






レビューからの抜粋

典型的な「科学」を盾にし自己優越感に浸りたいが為の論法です。
特にこういったエセ医療と必死に叩く人達の特徴として「それはプラシーボ」だと
のたまう事が特徴ですがプラシーボ効果に依存しているのは科学医療も然りだと言う事がわかっていないようです。
このような考えは真面目に「あらゆる可能性を用いて患者を治そう、痛みを取り除こう」と
真摯に取り組んでいる医術者全員への冒涜だと思います。






いかにすればプラセボを活用できるかを論じてほしい。
なぜならこの世には「論理的に正しい医学を用いてさえ、代替医療家が使えるほどのプラセボも発揮できずに治すことができない」医師が山ほどいるのだから。
でなければ「医者に治せなかったものが代替医療で治った」なんて人は一人もでないはずだ。
人体という未知の存在の前には論理的に正しいなどそれだけのことでしかない。
どうすればプラセボを最大限発揮できるのか、本当にプラセボの全てが一次的な効果しかないのか、あるいは医師にプラセボを学ばせる機会を義務付けるべきだという話なら評価もするが
建設的な意見もなしに、代替医療の効果のほとんどは気のせいだと
後ろ向きな意見だけ言われても価値などあるはずがない。






この本の最初の章で述べられている、著者の公平にやろうという意気込みは買いますが
西洋医学の論文提出のレベルと同じように代替医療の世界も論文が出ているはずという
思い込みが、最初から痛手になっているように感じます。

また、他の方も鍼灸の偽鍼の話を挙げていますが、著者のいう偽鍼は、日本で使っている鍼に
相当するものなんですよね。ということは、鍼と偽鍼でデータ比較しても、意味がないです。

軽く鍼灸の話を読んだだけでも、これだけ突っ込みどころがあるので、
他の治療法についても、推して知るべしでしょう。

著者は、代替医療はプラシーボとしきりにいうのですが、患者にとっては
プラシーボ効果を最大化してくれる方法があれば、それは立派な治療法に
なると思いますが、どうなんでしょう。






本書に対する、鍼灸師 川喜多健司先生の反論

http://jsam.jp/data/files/geZnhF.pdf


月末月始めになると、事務作業が増えます

給与計算に、領収書の整理、思いを伝える魂を込めた文章の作成、、、などなど


順序立ててやればいいんですが、どうしても、やりたいことを挟んでしまう自分の性格にあっぱれ



写真は、当院のマニュアルです
完成


マイブームは、イラストを多用して、頭でイメージしやすい資料を作ることです

過去の資料も改編中



でも、月末にやることじゃないんですけどね。。。


もうこんな時間。。。


時間管理できるようにならないと

と、考えたり考えなかったりしながら、明日にそなえます


プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。