Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちこちで募金活動をしていますね。


義援金の受け皿がありすぎてどこに送ればよいのか迷いますよねぇ・・・


中には、団体の活動費に回されたりとか、東北の為と思って送ったのに勝手に海外の貧困地へ回されたりとか。。。



義援金はどこかで一括して集めるようにシステム化するべきと言う意見があるようですが、まったくもって賛成です。


そんな中でも、日本赤十字社は信頼できる所と思っています。
s_0_VcContents_Y-0_VcContentsImage_Y001.jpg

ボランティアと心のケア

災害時のこころのケア


当院でも、公益法人である大阪府柔道整復師会を通じて日本赤十字社に義援金を送金してもらっております。


受付にて義援金箱を設置しておりますのでご協力お願いします。



スポンサーサイト
加茂先生のブログから



 慈恵医大ペインクリニック 北原雅樹先生

「十分な武器(薬剤)もなく難敵(慢性疼痛)と戦え」というのは、「竹槍で爆撃機を落とせ」という第二次世界大戦のときから進歩がないようなもので、早急な改善が必要である。

「特に日本では医療における痛みについての卒前・卒後教育がほとんど行われていない。そのため、急性痛と慢性痛の違いさえほとんど知られていない。」





お医者さんの学校でさえ痛みについて習わないというのですから、そりゃ痛み難民は増える一方なわけです。



もちろん整骨院の学校も同様で、神経圧迫だから痛い、ヘルニアだから痛い、と習ってきました。



だから、どこの病院や整骨院に行っても、急性痛だろうが慢性痛だろうが、電気を当てて湿布を貼ってと同じ治療を繰り返すわけですね。


そして治らなかったら、心因性という何とでも取れる病名をつけられるわけです。



まずは、学校教育を変えることが患者さんを減らせる第一歩かもしれませんね。




痛みのメカニズムに詳しい整形外科医が日本中に増えれば、そりゃ整骨院や整体院は存在しなくてよくなるでしょうね。



現状のままだと、医師がどれだけ代替医療を否定しても、患者さんが効果的な方を選ぶわけですから、反対派の医師には残念ですが、代替医療は存在し続けることになるでしょう。


患者さんに必要とされている限りは、健康回復のお手伝いをがんばらせてもらいます!



様々な情報が出回っています。

信頼できるものもあれば、デマも多数。


これだけ情報が手に入る時代ですから、自分で判断して選別していかないといけません。
既存のマスメディアもすでに信頼を失っているから、尚更です。

個人的には、海外メディアの報道は客観的で信頼できるのではと思っています。






義援金の輪が広がってきましたね。


個人で今できることは義援金が一番。または、義援金を呼びかける事。



間違っても被災地に行ったり、個人で物資を送ったりしないようにしてください。


はっきり言って迷惑なようです。

ボランティアは野次馬? 何の役にも立たず.

「訓練も受けていない『ボランティア』はただの野次馬観光客です。何の役にも立ちません」。

 1995年の阪神・淡路段震災からすでに16年が経過。当時の被災者だからこそ経験し、感じた心情がある。その思いを兵庫県・西宮市議の今村岳司氏が自身のブログで綴っている。
 
 「まずは、呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないことです。被災地から出ようとする人、入ろうとする支援部隊や家族でアクセスはただでさえ大混乱ですから非常に邪魔です。統制もとられておらず装備もなく訓練も受けていない『ボランティア』はただの野次馬観光客です。何の役にも立ちません」

 何か協力したいと思うのは、当然だろう。しかし、自分が何ができるのかを冷静に考えないまま現地入りしたボランティアたちの姿が目立ったのも事実だ。

 「悔しくて、悔しすぎて、記憶から消していたことが、いろいろ蘇ってきて辛いです。ひとつは、観光気分で来た自分探しボランティアの連中のこと。彼らは、人から感謝されることを楽しみにやってきただけでした。だから、汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながらやりませんでした」と、目の当たりにした実情を語った。

 その上で「彼らで集まって楽しそうに親睦を深め合っていました。そんな彼らに惨めな被災者と扱われる屈辱。何日か経ったとき、避難所のリーダーが耐えきれずに怒鳴り散らして彼らを追い返してくれました。彼らがいなくなっても、彼らに受けた屈辱は消えませんでした」という、心情を吐露している。

 被災者だから判る教訓。それがブログと言えども文面からにじみ出でている。東日本大震災は、阪神淡路大震災以上の被害になることは確実視されており、同じ轍を踏むことだけは、絶対にないようにしてほしいものだ。


物資も、個人で送ると確認作業などで余計混乱するようです。




自分探しや、自己啓発に酔っている発信者は「公」のために行動していると言いながら、結局は「私」の事が最重要でこんな時でも自分大好き発言を平気でしています。



ある「夢に向かって何たら」と日ごろから発信している著名なFさんからメールが来たのですが、


こういう時こそ、明るく生きる意欲が湧いてくることが出来ないかと考えた結果、インターネットを使って、夢と希望に溢れた映像メッセージを送ろう!ということにしました。
○○の明るい仲間たちによる、震災応援企画「○○ラジオ」です。
○○ラジオを通して、だれもが前向きに夢と希望をもって生きていく、そんなメッセージを配信していきたいと思います。
・・・・この番組を通じて、国際間でも助け合えば戦争もなくなり・・・




こんな事を現在実施しているようです。。。


何ともお花畑思想ですが、
今はそんなタイミングやないやん!と久々腹が立ちました(怒)


家族が無くなって、家が無くなって、故郷が破壊され、食料が少なく、薬も足りなく、毎日寒く、いつ起こるかわからない地震、放射能。。。


そんな中で、被災して3日目で「夢や希望」やと?


本当にあほですね。あんたたちの自己満足でしょ。電気も毛布も食料もあり被爆の恐れがない環境から、被災者へ「自己啓発」という自分の価値観を押し付けるなんて、「ちょっとまずいかな」と頭が回らないのか。


そもそも、物事を一元論でとらえすぎでしょ。みんながみんな夢や希望を持ち合わせていることが大前提になっているし。。。
と、言いだしたらきりがない(怒)



安全圏にいる私にはそのような事をやろうとする気持ちがわかりません。

それをやるのは、プロのカウンセラーにお任せするのが一番被災者の為だとおもいませんか?


迷惑なんですって。「みじめな被災者と扱われるのが屈辱」と言われているでしょ。


お願いだから、夢を人にあたえる仕事をしているあなた方は、だまって義援金を送ってください。それかだまって献血。


そして、現段階では仲間内だけで夢を語っといてください。それが、被災者のためになるんですから。




今は、自分の価値観で被災者を見るのではなく、迷惑のかからない方法で支援する。




そして、安全圏にいる私たちは今いる現場を大切にする。


学校、会社、農業


普段通りに一生懸命現場を大切にする。


それが、日本の為にもなり、一番混乱を抑えることができるはずです。



被災されてまだ数日しかたっていないのですから、ボランティア活動も良し悪しがあるということでした。











この度の地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


被害に遭われた方、救護活動にあたられている自衛隊、消防士、警察、その他の方々の皆様のご無事を願うばかりです。



私たちに出来ることはないか。




現段階では義援金を募ることぐらいです。


ヤフー基金
747l_convert_20110312205430.jpg






簡単にできますので、皆様ご協力をお願いします。




早くも義援金詐欺が出ている模様です。今後増加する恐れもあります。
焦らず、正しい情報を把握してください。


さらに、デマ、非公式のチェーンメールが出回っています。
コスモやら、公式に発表されていないものばかりです。

拡散する人たちも同罪です。

日本を混乱させる手助けになってしまうので、受け取っても無視するようにお願いします。



救急車や消防隊は119番ですが、海での災害の際には118番になります。




NHK教育が安否情報を受け付けてます。

受付電話番号 03-5452-8800 , 050-3369-9660





現段階で、私たち個人にできる最善の行動は、テレビを見る事でも、デマに参加する事でも、折鶴を送る事でも、同情することでもなく

義援金を募る事です。



ヤフー基金
747l_convert_20110312205430.jpg





海外の国々からも多数援助の要請をいただいています。。


日本の皆さん。微力かもしれませんが東北の方たちの為に行動をお願いします。




いつもは胡散臭い記事が満載の「わかさ」


しかししかし、今回は充実した内容でした。


わかさ 2011年 04月号 [雑誌]わかさ 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/16)
不明

商品詳細を見る


P1010926.jpg

P1010924.jpg




ほとんどのページを加茂先生が担当しているから読み応えばっちりです!

以前お世話になったくつぬぎ手技治療院 沓脱先生も掲載されています。




変形やヘルニアなどの「損傷モデル」から「筋痛」へ。そして、脳へ。



これさえ頭に入れたら、一般の人たちでも医療者を論破できるかも?



と言うより、現在の治療や説明に納得のいかない人は、この内容を現在かかっている先生に聞くべきです。




私の痛みは本当はMPSなんじゃないのか?

ヘルニアでも痛くない人いるのですか?それはなぜですか?

椎間板が悪いというけれど、背中がすごく曲がったお年寄りでも腰痛が無い人がおられますがなぜですか?





ちゃんと理論整然と答えてくださり、どうすればよいのか教えてくれる医師や治療家を選ぶべきです。



また以前ブログで紹介した
放射線ホルミシス効果
三朝温泉

の内容も少し掲載されています。


P1010927.jpg

P1010928.jpg


何人かの患者さんにご紹介しましたが、皆さん目から鱗だったと喜んでおられました。



患者さんはもちろん、現在学生の生徒さんにも是非読んでもらいたいですね。

学校だけですと、ガチガチの古い医学常識しか習いませんからね。。。



本当におすすめです!


お忙しい中、お読みいただきありがとうございます。


結論から申しますが、講座後の出席表の整理を、「名簿順に3人づつ担当制で回していく」事に決まりました。


気づいている人も多かったと思いますが、前回、受付に置いてあるIpadの液晶画面に、その日の担当者を3人表示していました。(私は気づきませんでした。スイマセン(^_^.))

その液晶に載っている3人が、協力し合って名簿の並び替え・提出までしてもらいたいのです。



☆↓写真入りで説明します↓☆



IMG_8516_20120310015955.jpg
まず、「NO1~NO77+リピーター」の順番で用紙を並べ替えます。(欠席者もおられますので確認してください)


IMG_8513.jpg
並べ替えた用紙を、スタッフさんに手渡します。「ケイトさん!いつもありがとうございます☆」


IMG_8515.jpg
容器を重ねて置いておきます。



IMG_8517.jpg
IMG_8519.jpg
小物類やクリップを一塊で置いておきます。

以上!\(^o^)/




皆様各々の思いをもって講座を受けておられると思います。皆様お分かりの通り、こうして受講できているのも、講師の先生をはじめ、裏方のメンタルスタッフの方々のおかげです。いつも感謝!


しかし、もっと身近な人たち、そう同じ28期生の有志の方たちが、早く来校され、資料整理や受付をしてくださっているからだという事も忘れてはいけません。


私も含めてですが、仕事の関係上早くこれない受講生は多いと思います。が、このまま、事務作業をまかせっきりでは申し訳ない<(_ _)>。「当たり前」感覚を持ってしまうのはよろしくない。


そんな中、「講座後の資料整理は担当制にしよう」という案が出てきました。ありがたい(^^)


中には、すぐに帰らないと予定が・・・((+_+))。という方もおられると思いますが、その場合は、残りの2人に告げて帰るようにすればどうでしょうか。(臨機応変に)


と、いうことで・・・これからは、受付での掲示を注視してもらえればと思います(^^)



いつも、28期のために色々と試行錯誤してくださっている方々ありがとうございます。


では、皆様お読みくださりありがとうございました!
メーリスを見られていない方もおられると思いますので、声かけの方もよろしくです!!


来週の講座は、ついにきました・・・





IMAG1131.jpg

禅!!




楽しみですね☆

NO64 東 剛士

先日、スタッフの岡本先生のお誕生日でした


おめでとうございます。


家族を持ち、誰よりも将来を考える必要があるとは思いますが、陽転思考で臨んでいけばきっと未来は明るいものになるはずです!一度きりの人生がんばりましょう!



さてさて、その前日ケーキを買おうとコッスー(コストコ)に行ってきました



でか!!
008_convert_20110308234509.jpg


4キロ近くあるケーキです。


誰が食うねんといつも思ってましたが、ついに買っちゃいました。


013_convert_20110308234600.jpg

6等分すると、クマがかわいそうな事に。。。



お昼休みにいただきました。

甘いものには自信がありましたが、完敗です。

016_convert_20110308234625.jpg



よっしゃ食べるぞ~!

思ったよりおいしいですよね~!

おっきいね~! 

減りませんよね。。

縦幅も大きいですよね。。

味全部同じですよね。。

きついです。。

気分悪くなってきた。。

もうやめときます。。




と、だんだんトーンダウンしながら、顔色を悪くしながら頂きました

残りは夜の部に持ち越しました。



新たな発見もありました。

017_convert_20110308234733.jpg


ケーキを限界まで食べた後にお茶漬けを食べる!


これ最高!





お誕生日おめでとうです!

そして、もう1つのパワースポット


生まれ育った故郷に行ってきました



ていっても、今の家から高速使って30分以内に帰れますが




やっぱ育った所はいいですよね~
落ち着きます。


パワースポットとか言って特集されてますが、一番は故郷ですよね


IMAG0191.jpg

Image1299422159986.jpg



猫と犬と戯れてきましたよ~



大学時代の土地で気持ちが盛り上がり、故郷でリラックスさせてもらった今回の週末もとても充実充実!



こちらの気持ちが充実して上向いているほうが、患者さんの回復力も上がりますからね!

今週もがんばります!


久しぶりに彩華ラーメンを食べに、大学時代の街に行ってきました

IMAG0179.jpg
IMAG0180.jpg


彩華ラーメンおいしいですよ~


大学生の時はよく食べに行きました




あれから何年も立っているので、街並みもかなり変わりましたね。
店がかなり増えてます。







そして、これが我が柔道部寮

IMAG0184.jpg


鉄筋の四階建で、かなり近寄りがたい空気を出しております。。。。


なぜか、寮の周囲には有刺鉄線が張りめぐらされており。。。

050429_convert_20110307011415.jpg

ここは刑務所か!と、当時はよく言ったものです。






寮内では、今でも日本の法律が通用しない日常が過ぎているのでしょうか。。。


一回生がんばれよ!




総勢100名超の柔道の猛者どもが全国から集まっているわけです。

当時は何とも思わなかったけど、今から寮の中に入っていけと言われたらちょっと緊張しますね



思い出してみると、あっちの世界で通用する外見と体格の奴らばかりでしたねぇ。


お蔭様で、外見上のいかつい人たちには、大分抵抗力があります(笑)





こうして学生の頃の街並みを歩いていると、当時の努力根性の気持ちがよみがえってきます


そうしたら、現在の自分と比べたくなるもので、「まだまだ俺がんばってないやん」と反省の気持ちが心に突き刺さりました。


無我夢中で武道に取り組んだ時代があったからこそ、今では様々な事に対して落ちることなく前向きに進んで行けていると思っています。




が、あの頃よりも上回る努力やモチベーションかと聞かれると、、、、


心の底から、「もちろん!」とは言えないんですよね。



もっと、もっと向上心を持って、もっともっと成長しないと昔の自分に負けてしまいます!


よしがんばるぞ!!


と、モチベーションアップさせてもらった一日でした



私のパワースポットは、大学を始めとした、柔道をしていた場所全てです!



治療前
豼オ譛ャ濶ッ譫・蛻晏燕)+(6)_convert_20110306233506

豼オ譛ャ濶ッ譫・蛻晏燕)+(1)_convert_20110306233841

肩の可動性も悪く、股関節も硬いですね。骨盤が浮いています。



バイタルリアクトセラピーを施術しました。

顔の五箇所に軽い振動を当てるだけです。

治療後
豼オ譛ャ濶ッ譫・蛻晏セ・+(5)_convert_20110306233548

豼オ譛ャ濶ッ譫・蛻晏燕)+(4)_convert_20110306233346


骨盤はまったく浮かなくなりました。

肩の可動性も上がっています。





下記の方は、79歳でリウマチをもっておられます。ヘルニアや変形性~など、数十年来の様々な病気を抱えています。

医師からは、


動かすな、
~するな、
治らない


と言われていました。




当院へご紹介でこられて、数回の施術ですが


「痛みや動きが良くなってきている」


とうれしい報告をいただきました。



もちろん、リウマチが治っているのではなく、脳が痛みを感じにくくなっていたり、それ以外の筋痛などが解消されているためです。


治療前
螳ョ蝨ー鄒取匱蟄・蛻晏燕)+(5)_convert_20110307002512

螳ョ蝨ー鄒取匱蟄・蛻晏燕)+(8)_convert_20110307002607



治療後
螳ョ蝨ー鄒取匱蟄・蛻晏セ・+(2)_convert_20110307002538

螳ョ蝨ー鄒取匱蟄・蛻晏セ・+(3)_convert_20110307002636





日本には様々なすばらしい治療法があります。

このような可動性やバランスをその場で変化させる技術も多くあるでしょう。


バイタルがすごいと思う1つに、わずかな時間と、わずかな刺激なのに体が大きく改善される所ではないでしょうか。






すばらしい治療法と言えば。。。


日本には、痛みに対して整形外科に負けないぐらいすばらしい施術法が溢れています。(エビデンスが無いとお医者さんは認めようとしませんが…そのくせ、リハビリは電気治療と牽引だもんなぁ)


だって、何千年と続いている日本文化ですよ。そりゃ、現代医学に負けないぐらいの先人たちの知恵があるわけですよ。


先日も鍼灸の先生が、エビデンスをからめて反論していました。
http://jsam.jp/data/files/geZnhF.pdf


頭ごなしに否定するのではなく、伝統と言える代替医療にも少しは理解をしてほしいものです。







2日前より右手が挙がらなくなった患者さんの例です。



治療前
これ以上痛くてあがりません~
P1020736_convert_20110306233157.jpg





治療後
わ!挙がります!
P1020737_convert_20110306233110.jpg




特に急性期の可動域制限は、比較的多くの方がその場で可動性と痛みが回復します。


どんな痛みも、長引くにしたがって脳が関与して「慢性痛」に移行する可能性があります。


「痛みぐらいでギャーギャー言わない。痛みは我慢するもの」


とは、昔から言われている日本人の美徳です。


個人的には、この根性論は必要だと思っていますが、



医学的な立場で言うと、どんな痛みも


早期に除痛することがとても大切なのです。


痛みをこじらせて慢性痛にさせないために。




プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。