Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまでの腰痛研究で安静臥床の禁止、不必要な画像検査を行なわない、患者自ら腰痛に立ち向かう姿勢が有効であることは判明しているものの、医師は医療制度や営利的圧力に拘束されているために臨床現場で最善の腰痛治療が行なえない。http://t.co/aYgRnwiB6J







腰が痛くて病院に行くと、必ず画像検査をする。

腰が痛いから、整形外科でレントゲンを撮ってもらった方がいい。

腰の痛みが強いから、家で安静にしていよう。

先生の任せてます。治してくれるだろう。



これらは、古い考え方で腰痛の神話に過ぎません。

厄介な事に、医療従事者にそれを自覚している人が少ないのです。




スポンサーサイト
どうでもいい人への態度こそが、まさにその人の性格


(^^)v


人が見ていない時でも自然に善行をしているか。


(^^)v


陰徳を積む


(^^)v



仕事を成功させる上で人間力の向上は必須です!



酸素ボックス♪

001_20130422202417.jpg


002_20130422202419.jpg


スヌも入りたがってます☆


現在、午前中は予約をして頂かないと入れない状況です。

午後は、飛び込みでも入れる事がありますが、どちらにしろ、通院予約をされると同時に酸素セラピーもご予約ください!



次の23の質問に当てはまる数はいくつありますか?

□よくアクビが出る                         
□頭痛がしばしば起きる            
□すぐ疲れる
□疲れが取れにくい
□最近体力が落ちてきた気がする
□寝つき・寝起きが悪い
□便秘気味だ
□体が冷えやすい
□肌の衰えが気になる
□体重が増えてきた
□ダイエット効果が上がりにくくなってきた
□貧血気味だ
□目が疲れやすい                         
□肩がこる            
□よく寝たのにすぐに眠くなる
□ケガが治りにくくなった
□お酒が翌日に残るようになった
□体力が落ちたような気がする
□記憶力が低下してきた気がする
□体がだるい日が多い
□お酒を沢山飲む
□薬を常用している
□運動はほとんどしない



当てはまる数が1~5個
・・・大変良い感じです☆酸素セラピーはご希望でどうぞ。

当てはまる数が6~15個
・・・週一回の酸素ボックスで改善しましょう。

当てはまる数が16個以上
・・・すぐお知らせください!あなたにはかなりオススメします!




IMG_0080.jpg



どんな名医や名薬といえども、楽しい・うれしい・おもしろい・というものに勝る効果は絶対にない。  中村天風

004_20130421002245.jpg




実際に、脳が最も活性化し発揮能力が高まるのは「喜び(報酬系回路)」にスイッチが入った時です。これは、人材教育などの世界だけでなく、「治癒力」という医療の世界でも科学的に証明されています。

整骨院には、「病院で手術をしたり投薬をしたが全然治らなくて・・・」という患者様がよく来院されます。(当院の場合ですと9割以上の患者様がそうです)


そんな長引く不調の患者様こそ、脳(喜び)というのがポイントになってきます。



患者様に喜びを与えるには???

aaa_20130421002151.jpg




私たち整骨院の先生は、伝統的に「治療技術」絶対主義に陥っている事が多々あります。治せば繁盛。治せば納得してくれる。という考えです。


昔ながらの価値観に固執していると、「技術以外の事をするなんてプライドがゆるさない!」となります。しかし、僕たちの使命は、患者様が良くなるお手伝いをする事なので、良くなるのであれば手段はどんな方法を使ってもいいわけです。否、むしろ、技術以外にも心の勉強をしたり、他の職種から顧客を満足させている方法なども学ぶ必要があります。

人には感情があります。
現在の痛みの医学は、「生物・心理・社会的症候群」と言われるようになり、痛みを治すには、心の状態・患者さんの価値観など総合的に診ていかなくてはいけないとなっています。(急性痛は別ですが)



だからこそ、「治療家だから治療技術だけ磨けばいい!」という考えは、誇り高き理念ではありますが、患者さん目線とは言い難いのです。


イベントなどを企画して、患者さんに笑顔を提供する、その気にさせる会話術を学ぶ、心理学を学ぶ、患者さんのニーズに合わせた「技術」を学ぶ、なども決して否定される事ではありません。



そして、悲しいかな、昨今の整骨院飽和状態を受けて、「技術絶対主義・他の勉強はおろそか」という先生ほど、売り上げが落ちて、モチベーションを崩され、結果、患者様に集中できていない。という悪循環に陥っています。



私自身も、少し前までは「この治療だけでOK!」という頑固な頭でしたが、
「治療院の中で○○療法で治す!だから他の治療はだめだ!」
から、
「あらゆる手段を投じて、院を出る時に治っていればよい」
という考えに変わってきました。
(もちろん、どんな粗悪な治療法でも良いのではなく、理論も仕組みも納得の出来る治療法を選択するべきです)



人には感情があります。
現在の痛みの医学は、「生物・心理・社会的症候群」となっています。



だからこそ、「治療家だから治療技術だけ磨けばいい!」という考えは、誇り高き理念ではありますが、患者さん目線とは言い難いのです。


いかに患者さんの感情を変えれるか。喜びを提供できるか。

施術・接客・会話・催し・・・あらゆる可能性を否定せずに「喜び・笑顔」を提供できるよう取り組む事が必要だと感じています。


また、患者さんからも信頼が厚く、「メディアに露出していない。売り出していない」のに、予約も取れない名のある治療家先生は、意識していなくてもそこをクリアーしているはずです。



「治療技術だけ高めていればいい!」旧来の治療家脳を打破しましょう!!







884573_526060424113835_904257545_o.jpg



科学的に治療効果を知るには、



二重盲検かランダム化比較試験をしないといけません。



もちろん、科学と言うのは仮説ですので、これが真理だ!という考えをするものは注意が必要です。



現在の科学は、骨盤の歪みで腰が痛い。背骨がゆがんでいるから腰痛が将来出る。腰痛に安静は必要。
というものを完全に否定しています。


代痛は、生物・心理・社会的症候群と言われています。すなわち、心の状態も深く影響しているという事です。


腰痛を根本的に改善したいのであれば、腰痛の真実について詳しく知る必要があります。


いつでもご連絡下さいね>^_^<



花壇を新しくしました(^^♪


001_20130415212503.jpg

004_20130415212503.jpg


サファリパークです。




【地域活性化プロジェクト:シャッター編】


「どうすれば喜びを生み出せるだろう」ひすいこたろうさんの講演を聞いて、
整骨院内だけでなく、道行く人にも喜びを感じてもらいたい!


と、スタートした「地域活性化プロジェクト:シャッター編」


本日シャッターが完成ーーー!!


ブログ3
ブログ1
ブログ2
aaaa.jpg
ssss.jpg
blog7.jpg
ブログ5
burogu_20130414221847.jpg
026ddd.jpg







言霊アーティストこうしろうさんと名刺侍トミーさんプロデュースの元、最高のものが出来ました(^o^)丿本当にありがとうございます!!


書いている間にも、道行く多くの人が足を止めてくれ、「良い事書いてるわ。癒されました」などの、喜びの声が次々と!!!


これなんです!この反応を待ってたんです!


言葉によって心が変わって、
心が変わった事によって行動が変わって、
行動が変わった事によって人生が変わる!



ちょっとでも、何か気づきのヒントになれば最高ですね(^^)

日替わりで言葉を変えていくポスターなども計画中~


通行人にも喜んでもらい、院としてもキャッチが強くなる=パンフレットを手に取って持って帰ってくれる、そして来院して下さる人も増え、スタッフの能力も上がる→患者様の治癒率も上がる。。。

☆喜びスパイラル!!☆


当院の理念(存在意義)の中に「すべては人の喜びの為に」という一文があります。


こうしろうさんがそこから考えて下さった詩も文字もばっちりです(^^)
さすが、リスペクトこたろう笑



喜びを与える事は自分にも返ってくるんです。
「世の中は他人を喜ばした人が勝つ仕組みになっている」by西田文郎先生



成功者の法則「素直な負けず嫌い」を実践中の身としましては、素直に、「他喜力」をしていきます!!



さあ、これを皮切りに、地域社会、全ての関わる人たちに喜びを与えれるように色々計画していきます!



【当院の存在意義】
「全ては人の喜びのために。私たちは、日本中の患者様を心身ともに健康に導く為に存在しています。」


人は「感動」「希望」「安心」「喜び」などの気持ちになり、笑ったり楽しんでいる時に、驚くほどの「自然治癒力」が発揮され、脳は様々な病気を治そうと働きます。
また、人は「自分のために」と頑張るよりも「あの人が喜んでくれる」と、人の喜びの為に考え行動した時の方が、自分の能力以上のとてつもない力を発揮します。
患者様を健康に導く為にも、私たちが成長し幸せになる為にも、関わるすべての人達の喜びを追求していきます。


過去40年の間に先進工業国の職場では、重量物を持ち上げる・前屈み・腰をひねる・無理な姿勢での作業・工作機械による振動に身を曝すことは減少してきました。ところがそれに伴って職場で生じた腰痛および腰痛による活動障害の発現率は急上昇しています。したがって肉体労働以外の因子が関与しているのは明らかです。


36576_179086208883696_2122901812_n.jpg




WHOのデータから5大陸14ヵ国のプライマリケアを受診した25,916名の患者を抽出して行なった身体症状とうつ病に関する国際的研究によれば、うつ病患者の69%が主訴として筋骨格系などの身体症状を訴えていたことが判明。
http://1.usa.gov/XrCo73





腰痛は・・・

身体の使い方<心の状態



TMSJAPAN様よりシェア

http://higasiseikotuin.blog32.fc2.com/blog-entry-973.html


再アップです。


腰痛の原因は??




脳です!!





決して、骨盤の歪みや背骨の歪みではありません。
椎間板の狭窄や骨の変形は、健康な人でも多々みられるものです。



「私の背骨歪んでいるから痛いんです」

「歪みがあるから、またいつ痛くなるのか分かりません」


間違った暗示に掛かってはいけません!暗示の力を侮ってはいけません!
世界中から様々な医学研究がなされ、今では「構造異常=腰痛」説は否定されております。




良く動かしてください。安静は腰痛によくありません。

出来る範囲で運動して下さい。運動療法は腰痛に良いという報告があります。

治すべき所は、脳であり心です(^^)





report_04_65_2_20130414104323.jpg



痛み領域の研究により,注目すべき事実が次々と明らかになってきている.


その中の一つに,ドーパミンシステムが挙げられる.


慢性腰痛にはストレスやうつなどの心理社会的因子が深く関与していることは明白であるが,その機序に関しては明らかではなかった.しかし,最近の分子生物学的研究により,心理社会的因子が慢性腰痛となぜ密接な関係を持つかが解明されつつある.



人体に痛み刺激が加わると主に側坐核でオピオイドが産生される.



このオピオイド産生に関与しているのがドーパミンである.



すなわち,痛み刺激が加わると腹側被蓋野からphasicドーパミンが放出される.Phasicドーパミンの放出により,側坐核でμ-オピオイドが産生され,痛みが抑制される.




このシステムをドーパミンシステムと呼ぶ.



Phasicドーパミンの放出は,痛み刺激のみではなく,快感や報酬の期待によっても起こることが判明している.




一方,抑うつや慢性痛が存在するとphasicドーパミンは痛み刺激に十分に反応せず,その結果,μ-オピオイドはきちんと産生されず,痛みの抑制機構が働かない.



Phasicドーパミンはtonicドーパミンにより制御されている.Tonicドーパミンは,細胞外シナプス間隙に常に一定の濃度を保って分泌され,phasicドーパミンの反応性を制御している.すなわち,tonicドーパミンが増加するとphasicドーパミンの放出は減少し,逆にtonicドーパミンが減少すると,phasicドーパミンの放出が刺激される.



ストレス,不安,うつなどが存在すると,海馬からtonicドーパミンが放出される.その結果,痛み刺激に対するphasicドーパミンの反応性は低下し,十分なμ-オピオイドが産生されなくなり,痛みが増幅されていく.



以上の機序が,心理社会的因子と慢性腰痛との関連性を説明する分子生物学的機序である.




線維筋痛症の病態は明らかではないが,線維筋痛症の患者ではこのドーパミンシステムが破綻していることが明らかにされている.



同様に,筆者は身体表現性障害の中にはドーパミンシステムが破綻している患者が少なからず存在しているのではないかと考えている.



 今後,fMRIやPETを用いた慢性腰痛の解析により,慢性腰痛に対する新たな治療法の開発が期待される.
腰痛も下肢痛も経験したことのない健常者67名を対象にMRIで腰部を調べた結果、椎間板変性・変形性脊椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症のような構造上の変化はごく一般的な所見であることが判明したことから、手術の選択は慎重であるべき。

http://1.usa.gov/10SgXcQ





痛みが出る

整形外科でレントゲン

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・椎間板が狭い・背骨が変形している・・などの構造異常が見つかる

「この背骨の異常が痛みの原因です」


痛みはなく健康体

整形外科でレントゲン(実験のため)

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・椎間板が狭い・背骨が変形している・・などの構造異常が見つかる

「背骨の異常があるのに何で痛くないのだろう?」




このような、小学生でも分かるレベルの話がまかり通っているのが、今日の日本の状態です。


レントゲンの異常は気にしないで。(レッドフラッグ除く)
手術と言われてもセカンドオピニオンを。



002_20130413025609.jpg


【あと三日しか人生がなかったら何をしますか?】

尊敬してやまない心理カウンセラー衛藤信之先生から教わった事を、今週の黒板の内容にしました(^^)


日本メンタルヘルス協会



誰も、「もっと収入を増やして成功したい」とは言わなかったそうです。

「いつもお母さんに迷惑をかけてたから、最後の三日間は黙ってお母さんの望む事をしたい」

「いつも子供を叱ってばかりだけど、子供を抱きしめて『お前はとても良い所がたくさんあるのよ』と三日間伝えたい」


と、感動的なものががほとんどだったとか。



「皆さん、三日という限られた時間ならできる事を、一生と言う長い時間だと、日々忘れて過ごしているのですか?」

大切な事は身近すぎて分からない。



上昇志向で、上へ上へ成功を求めた先人の方々がいたからこそ、今の豊かな日本があります。
金銭的な余裕がなくては、社会貢献も家族を養う事も思うようには出来ません。



社会的ないわゆる成功者(地位や名誉や富を得て、社会貢献もしている人)のヒストリーは、かっこいいし、憧れるし、男ならああなりたい!と思います☆



でもでも、そこを目指しながらも忘れてはいけないマインドもあるって事です!



303.jpg




言葉には人生を左右する力があるんです。
この自覚こそが人生を勝利にみちびく、最良の武器なんですよ。



中村 天風


この昭和の哲人には、
東郷平八郎、原敬、山本五十六、松下幸之助、稲盛和夫氏など数多くの方が学んでいます。


日本にヨーガを初めて持ち込んだ人でも有名ですね。
天風先生の考えは、痛みを取る上でもとても重要だと思っています。

007_20130412120657.jpg


酸素ボックス好評です(^^)


当日予約は、取りにくくなってきました。


お電話で予約の際に、「酸素ボックスお願いします」とお伝えください。

IMG_0080.jpg


今の所、ほぼ100%リピート回数券を買って頂けています。
効果があるって事ですよね(^^♪



半月板が悪いと言われました。



半月板が欠けてたり割れてたりすると

あたかもそれが痛みの原因のような錯覚に陥ります。



しかし、世の中にはレントゲンやMRIの検査で、半月板が悪いのが判明しても、
痛みもなく普通に生活している人は大勢います。


当院にも、半月板損傷と言われ、手術が嫌だからと来院される患者様は多いです。



その多くは、痛みの消失または軽減されます。


当院は、半月板を修復するような施術はしておりません。


でも、痛みが取れる。



痛みの原因は、半月板以外にあるかもですね☆



お悩みの方は、いつでもお問い合わせ下さいね!






002_20130411155246.jpg


表の努力(技術や経験)

裏の努力(人が見ていない時、認めてもらえない事)

で心を磨き人間力を高める(^^)



・靴をそろえる
・元気に先に挨拶
・親を大切にする
・ゴミを拾う
・水回りを使ったら拭く
・誰にでも「ありがとう」を言う


陰徳♪陰徳♪

脳は痛みを感じる所です。


身体の痛みが知覚神経を通って、脳に伝わり「痛い!」と感じるのです。


長引いたり、精神的なストレスなどで脳は痛みを敏感に感じるようになります。
また、痛みを抑える力も弱まってきます。(ドーパミンシステム)
痛みが脳に刻まれます。



いかに、脳の働きを正常に変える事ができるか。


それは、認知行動療法的な心理療法も大切ですし、治療としても脳に作用させるものを選ぶのが良いかと思います。


当院は、脳にアプローチする施術をしております。


劇的に変化する事もしばしば。


どこに行っても、何をやっても改善しないとお困りの患者様。


一度、心と身体の関係を重視し、アプローチする当院に来てみませんか?



骨盤のゆがみを治します

背骨のズレが痛みの原因

骨を美しくしましょう



最近このような売り込みをしている整骨院が多いですね。


どんな、マーケティングをしようが構わないのですが、「骨盤の歪みビジネス」には問題点があります。



それは、世界中の様々な研究で、



骨盤の歪みと腰痛は関係ない


背骨が歪んでいても、椎間板が狭窄していても腰がまったく痛くない人が大勢いる
逆に、背骨が正常に近かい人でも激痛の人がいる。



などの報告が相次いでいるのです。
b0052170_11143893_20121124005219.jpg
moblog_358b7001_20121117144934.jpg
405970_279432825443264_100001296478025_717482_1468651627_n.jpg
395389_280319125354634_100001296478025_719803_1756520067_n_20120820034206.jpg




20世紀は、骨の形やバランスが痛みの原因だと思われていたので、それを正そうとあらゆる手術が開発されました。
しかし、その成績は思わしくない結果が続きました。


骨の形や椎間板は腰痛と関係がないのではないか。


21世紀に入り、欧米で数々の研究の結果、現在は、「生物・心理・社会的症候群」が腰痛の原因だと考えられるようになりました。


すなわち、心の状態(思い込みや固定観念)や、社会環境など様々な要因が重なって腰痛になっていると言う事です。



骨盤の歪みが腰痛の原因。



この考えは、すでに波状しています。


そもそも左右対称の人間なんていませんからね。

肺の大きさも左右違うし、心臓の位置も他の臓器も左右バラバラにくっついています。
なぜに、骨盤と背骨だけ左右対称を求めるのでしょう。
しかも、すでに否定されている理論でありながら。


問題は、この間違った考えを、権威者である「治療家」が患者さんに安易に伝えると、


「私の腰痛は骨盤からきているんだわ。骨盤の歪みを治さないと治らない」


と、暗示にかかってしまうのです。
(暗示は、テレビ・メディアの情報の他に、自分より権威者の言葉によってもかかりやすくなります)


整骨院で働いている人は分かると思いますが、初診の患者様を問診すると、


「私の腰痛は骨盤から来ています」

「最近はなんとか痛くないのですが、腰は悪いです」
「なぜ悪いと思うのですか?」
「骨盤が歪んでるから、いつ悪くなるか分かりません」


これは、間違った情報によって思い込ませてるんですね。



そうすると、動作制限・活動制限・マイナスイメージ等々、心身ともにもったい無い事になり、再発もしやすくなります。



ですから、整骨院で声高に、「背骨の歪みを治す必要がある」「骨盤の歪みが痛みを作る」
などという、最新の医学知識を備えている医師が聴いたら、呆れられるような事を言っていてはダメなのです。


患者様にとってもデメリットでしかありません。


その事によって、何千万人が無用な腰の不安を抱えて痛みと戦っていることか。


TMSジャパン代表長谷川淳史先生は、世界基準の最新の腰痛の常識(腰痛診療ガイドライン)を広めて、慢性腰痛患者様を助けようと身を削って頑張っておられます。


TMSジャパンとは
腰痛や坐骨神経痛を訴える腰痛疾患には、主に2つの大きな問題が存在します。第1に、腰痛疾患の発症率・再発率・慢性化率が高いこと。第2に、腰痛疾患にかかる治療費の高騰と経済損失額の増大です。事実、厚生労働省(旧厚生省)が1986年から統計を取り始めて以降、この24年間で57%も腰痛患者が増えていますし、慢性腰痛患者1人当たりの治療費は年間85~180万円に上るというデータさえあります。これほど医学が進歩したにもかかわらず、腰痛疾患だけがその恩恵を受けていないように見えるのは、不適切な診断と治療が横行しているからだと世界の専門家たちが指摘しています。

1991年、医学界にEBM(Evidence-Based Medicine:根拠に基づく医療)という概念が誕生しました。オーダーメイド・メディシン(特注医療)とも呼ばれるEBMは、現時点で入手可能な最良のエビデンス(証拠・根拠)を把握した上で、多様性のある個々の患者にとって最善の医療を提供しようとする一連の行動指針であり、サイエンス(科学的根拠)とアート(医師の臨床技能・患者の価値観・患者の状況)の統合を意味します。

そこでまず、EBMの土台となるサイエンスの部分を固めるために従来の診断や治療の再評価が始まり、各分野で「エビデンスに基づく診療ガイドラインが」作成されるようになりました。この医学史に残る革命ともいえるプロセスにおいて、腰痛の分野ではその診断と治療に大きな変化が起きています。これまでの古典的な「生物学的(物理的・構造的)損傷」という機械的な原因論から脱却し、さまざまな要因によって生じる「生物・心理・社会的疼痛症候群」として腰痛を治療するようになったのです。これがいわゆる腰痛概念の劇的な転換です。

こうした世界的潮流を受けたTMSジャパンは、ニューヨーク大学医学部のジョン・E・サーノ教授が発表したTMS(Tension Myositis Syndrome:緊張性筋炎症候群)理論を出発点に、腰痛にまつわる迷信や神話の犠牲者、クワッカリー(健康詐欺・インチキ療法)の被害者、ドクターショッピングを繰り返す腰痛難民をひとりでも減らすため、 世界各国が発表している「腰痛診療ガイドライン」の勧告に則した、腰痛の原因と治療に関する根拠に基づく情報を提供しています。

それが腰痛人口の減少、医療費の削減、ひいては国民の利益につながると考えるからです。

なお、TMSジャパンは篤志家のサポートで成り立つ非営利組織であり、運営は腰痛治療セミナー・個人治療プログラム・腰痛の原因と治療に関する講演会・腰痛治療セミナーのDVD販売・TMSジャパン会員の年会費や寄附などで賄われています。また、特定の宗教団体や自己啓発セミナー団体とは一切関係ありません。




患者様も、ある程度の知識や探究心は現在の日本の医療において必要になってきます。

すべてではないですが、整骨院や治療院などには残念ながら自浄作用がないのが現状です。

分かっていても、「背骨のズレ」と伝える。分かっていても骨盤の歪みを治療する。



間違った根拠の無い思い込みに洗脳されないよう、理解した上であなたが通っている先生の素晴らしい治療や施術を受けて頂けたらと思います。


痛みは心と関係しているのです。痛みは脳と関係しているのです。







007_20130409232849.jpg


治らない痛み・腰痛には「認知行動療法」が有効というのは知っていましたか?



日本整形外科学会・腰痛学会をはじめ、世界各国の「腰痛診療ガイドライン」でも推奨されている療法です。(ちなみに、牽引やマッサージは推奨されていないようです)



整骨院の先生で、痛みで困っている患者様、「骨格の矯正治療」「マッサージ」などの施術で改善しなくて悩んでいる患者様がもしおられましたら、教えてあげて下さいませ。心と痛みの関係を。(脳と痛みも)



この度、A4サイズで「認知行動療法」を分かりやすく(多分(^_^.))まとめましたので、もしよろしければもらってください!メッセージ頂けましたらデータをあげますのでプリントアウトして渡してあげて~



腰痛は、損傷モデルから「生物・心理・社会的症候群」へ。すなわち、心も含め様々な要因で痛みが出ているというのが、現在の考え方です。



決して、レントゲン像の状態や、「骨盤のズレ」「椎間板の狭窄」だけで痛みが出ているのではないのです!!


余談ですが、骨盤のズレ何かで痛みが出たら、世界中の人間に腰痛が出るはずです。
ズレのない人間などいませんからね。

そもそも、肺も左右大きさが違う。心臓の位置も左右差がある。
なのになぜ、骨盤や背骨だけ左右対称にしようとするのか。


と、話はずれましたが。。。


メッセ―ジお待ちしております(^^)






プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。