Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「腰部椎間板ヘルニアは無害です」
医療関係者はぜひお読み下さい。セミナー情報有!



これは、勉強熱心な先生なら常識中の常識だとは思うのですが、まだまだ、患者さんにも先生にも浸透していないor考えもしないという現状があるようです。

メディアの力は偉大で、私たちが口で患者さんに説明するより「ためしてガッテン!」という、番組のVTRを見せると、「先生の言う通りやってんねー。暗示にかかってたんやねー」と、納得して下さいます。

実際、オーストラリアビクトリア州で、メディアを使った腰痛の真実を知らせるキャンペーンをした所、腰痛患者さんが減少したという報告があります。(この報告は、医療のノーベル賞にあたるボルボ賞を受賞しました)

そうです。腰痛を治すには、まずは真実を知る事なのです。暗示を振りほどいてから、初めて治療が始まります。
医療者、患者さんがこの腰痛の最新情報を知り、それにそって施術すれば、日本中の腰痛患者さんは減るのは間違いありません。
先の、ビクトリア州が行ったマスメディアキャンペーンは、イギリス・ノルウェー・カナダでも実施されていて、各国とも素晴らしい成果を収めているそうです。

ためしてガッテン!の中で、福島県立医大の紺野教授は、「今までの常識はウソだった」「犯人は腰にあるのではなく脳にある」「脳(側坐核)の働きをいかに良くするか」と、言っております。

腰痛の真実をTVで放映した事は一歩前進なのですが、実はまだまだ、世界の腰痛常識からしたら日本は遅れを取っています。

日本整形外科学会、日本腰痛学会も遅れながら「腰痛診療ガイドライン」を作成しましたが、前進したとはいえまだまだ時代遅れの事を載せているようです。
(ちなみに内容は、レントゲンはあまり撮るな。心理療法は有効。運動療法は有効。マッサージは無効というのも)

腰痛は脳が原因です。(急性痛ではないですよ)
脳は痛みを記憶します。鎮痛物質オピオイドも脳からでます。姿勢も脳でコントロールされています。

側坐核の働きを良くし鎮痛効果を高めるには、好きな食べ物、絵、におい、音楽などいわゆる、脳に「喜び」を与える事です。
喜んだり、期待したり、ワクワクする事なんですね。

当院の理念「すべては人の喜びのために」は、この事も含まれています。

「ヘルニアがあるから腰痛」「椎間板が悪いから腰痛」「背骨が歪んでいるから腰痛」これらは、真実ではなく患者さんに間違った暗示をかけるから、医療者は認識を改めなさい。と、最新のエビデンスは言っているのです。

「ヘルニアが消えた!」「ヘルニアはこの治療で治る!」という書籍が乱立していますが、そもそも、ヘルニアは無害で自然に痛みは収まっていくし、マクロファージが食べるので、何もしなくても消える事があるのです。

患者さんのために!と、声を出している先生も多いですが、その為には、まずは最新の情報を入れて、それを伝えなければいけないと思います。それに沿った治療もしないといけないかもしれません。←治療を変えるには勇気がいりますが。。。

そんな中、
世界の最新のエビデンスを調べ続け、各国の「腰痛診療ガイドライン」を基準にした最新の腰痛治療を広めている、腰痛治療の第一人者であるTMSジャパンの長谷川先生のセミナーが6月16日に大阪であります。

「すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。」1by長谷川淳史先生

治療者はぜひこの機会に参加されてはどうでしょうか。患者さんも真実を知る機会になるかと思います。

今日も、「ヘルニアで痛みがある」と患者さんが来院されました。(再診の方です)大学病院の先生に言われたそうです。
ラポールも形成されているので、さっそくTVを見せたら、「暗示にかかってました」といい楽になったそうです。(治療もしましたけどね)

TMSジャパン大阪セミナー(6月16日大阪)
http://www.tms-japan.org/seminar.html

加茂整形外科ブログも勉強になります。
http://junk2004.exblog.jp/

暗示を解く読書療法
http://www.amazon.co.jp/腰痛ガイドブック-根拠に基づく治療戦略-CD付-長谷川-淳史/dp/4393713753/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1369395350&sr=8-1&keywords=長谷川淳史


注)ヘルニアでも、馬尾症候群(麻痺や膀胱直腸障害など)は、緊急手術ですのでお気をつけ下さい。

各国でも成果を出しているように、日本から腰痛患者さんを減らすには、正しい最新の腰痛知識が広まる事なのです。

整骨院が増えようが、治療院が増えようが、いくら「患者さんの健康の為!」と言おうが、ここが変わらないと腰痛患者さんは減りません。(実際に検査や治療院の数は増えましたが、減ったという報告はないのです)

最後までお読み頂きありがとうございました。


スポンサーサイト
骨盤のゆがみを治します

背骨のズレが痛みの原因

骨を美しくしましょう



最近このような売り込みをしている整骨院が多いですね。


どんな、マーケティングをしようが構わないのですが、「骨盤の歪みビジネス」には問題点があります。



それは、世界中の様々な研究で、





骨盤の歪みと腰痛は関係ない

背骨が歪んでいても、椎間板が狭窄していても腰がまったく痛くない人が大勢いる

それどころか、椎間板ヘルニアで神経をかなり圧迫しているのに痛みのない人が大勢いる

などの報告が相次いでいるのです。

b0052170_11143893_20121124005219.jpg
moblog_358b7001_20121117144934.jpg
405970_279432825443264_100001296478025_717482_1468651627_n.jpg
395389_280319125354634_100001296478025_719803_1756520067_n_20120820034206.jpg




20世紀は、骨の形やバランスが痛みの原因だと思われていたので、それを正そうとあらゆる手術が開発されました。
しかし、その成績は思わしくない結果が続きました。


骨の形や椎間板は腰痛と関係がないのではないか。


21世紀に入り、欧米で数々の研究の結果、現在は、「生物・心理・社会的症候群」が腰痛の原因だと考えられるようになりました。


すなわち、心の状態(思い込みや固定観念)や、社会環境など様々な要因が重なって腰痛になっていると言う事です。



骨盤の歪みが腰痛の原因。



この考えは、すでに波状しています。


そもそも左右対称の人間なんていませんからね。

肺の大きさも左右違うし、心臓の位置も他の臓器も左右バラバラにくっついています。
なぜに、骨盤と背骨だけ左右対称を求めるのでしょう。
しかも、すでに否定されている理論でありながら。


問題は、この間違った考えを、権威者である「治療家」が患者さんに安易に伝えると、


「私の腰痛は骨盤からきているんだわ。骨盤の歪みを治さないと治らない」


と、暗示にかかってしまうのです。
(暗示は、テレビ・メディアの情報の他に、自分より権威者の言葉によってもかかりやすくなります)


整骨院で働いている人は分かると思いますが、初診の患者様を問診すると、


「私の腰痛は骨盤から来ています」

「最近はなんとか痛くないのですが、腰は悪いです」
「なぜ悪いと思うのですか?」
「骨盤が歪んでるから、いつ悪くなるか分かりません」


これは、間違った情報によって思い込ませてるんですね。



そうすると、動作制限・活動制限・マイナスイメージ等々、心身ともにもったい無い事になり、再発もしやすくなります。



ですから、整骨院で声高に、「背骨の歪みを治す必要がある」「骨盤の歪みが痛みを作る」
などという、最新の医学知識を備えている医師が聴いたら、呆れられるような事を言っていてはダメなのです。


患者様にとってもデメリットでしかありません。


その事によって、何千万人が無用な腰の不安を抱えて痛みと戦っていることか。


TMSジャパン代表長谷川淳史先生は、世界基準の最新の腰痛の常識(腰痛診療ガイドライン)を広めて、慢性腰痛患者様を助けようと身を削って頑張っておられます。


TMSジャパンとは
腰痛や坐骨神経痛を訴える腰痛疾患には、主に2つの大きな問題が存在します。第1に、腰痛疾患の発症率・再発率・慢性化率が高いこと。第2に、腰痛疾患にかかる治療費の高騰と経済損失額の増大です。事実、厚生労働省(旧厚生省)が1986年から統計を取り始めて以降、この24年間で57%も腰痛患者が増えていますし、慢性腰痛患者1人当たりの治療費は年間85~180万円に上るというデータさえあります。これほど医学が進歩したにもかかわらず、腰痛疾患だけがその恩恵を受けていないように見えるのは、不適切な診断と治療が横行しているからだと世界の専門家たちが指摘しています。

1991年、医学界にEBM(Evidence-Based Medicine:根拠に基づく医療)という概念が誕生しました。オーダーメイド・メディシン(特注医療)とも呼ばれるEBMは、現時点で入手可能な最良のエビデンス(証拠・根拠)を把握した上で、多様性のある個々の患者にとって最善の医療を提供しようとする一連の行動指針であり、サイエンス(科学的根拠)とアート(医師の臨床技能・患者の価値観・患者の状況)の統合を意味します。

そこでまず、EBMの土台となるサイエンスの部分を固めるために従来の診断や治療の再評価が始まり、各分野で「エビデンスに基づく診療ガイドラインが」作成されるようになりました。この医学史に残る革命ともいえるプロセスにおいて、腰痛の分野ではその診断と治療に大きな変化が起きています。これまでの古典的な「生物学的(物理的・構造的)損傷」という機械的な原因論から脱却し、さまざまな要因によって生じる「生物・心理・社会的疼痛症候群」として腰痛を治療するようになったのです。これがいわゆる腰痛概念の劇的な転換です。

こうした世界的潮流を受けたTMSジャパンは、ニューヨーク大学医学部のジョン・E・サーノ教授が発表したTMS(Tension Myositis Syndrome:緊張性筋炎症候群)理論を出発点に、腰痛にまつわる迷信や神話の犠牲者、クワッカリー(健康詐欺・インチキ療法)の被害者、ドクターショッピングを繰り返す腰痛難民をひとりでも減らすため、 世界各国が発表している「腰痛診療ガイドライン」の勧告に則した、腰痛の原因と治療に関する根拠に基づく情報を提供しています。

それが腰痛人口の減少、医療費の削減、ひいては国民の利益につながると考えるからです。

なお、TMSジャパンは篤志家のサポートで成り立つ非営利組織であり、運営は腰痛治療セミナー・個人治療プログラム・腰痛の原因と治療に関する講演会・腰痛治療セミナーのDVD販売・TMSジャパン会員の年会費や寄附などで賄われています。また、特定の宗教団体や自己啓発セミナー団体とは一切関係ありません。




患者様も、ある程度の知識や探究心は現在の日本の医療において必要になってきます。

すべてではないですが、整骨院や治療院などには残念ながら自浄作用がないのが現状です。

分かっていても、「背骨のズレ」と伝える。分かっていても骨盤の歪みを治療する。



間違った根拠の無い思い込みに洗脳されないよう、理解した上であなたが通っている先生の素晴らしい治療や施術を受けて頂けたらと思います。


痛みは心と関係しているのです。痛みは脳と関係しているのです。



【自然治癒力の限界を引き出す方法】

は簡単です。本日も81歳の患者様が超えました。

P1090997.jpg




いつも腕立てが50回しか出来ない中学生。
この子を60回させる方法は簡単です。






片思いの好きな女の子を連れて来て応援させれば、
間違いなく自分の限界を超えて軽く60回はこなすでしょう笑

正確に言うと、「自分で勝手に決めていた限界を超えて」ですね。




20m歩くと腰が痛くなり、歩く事が辛いご高齢の方を50m楽に歩かせる方法は簡単です。








宝くじ1000万円当たり、銀行に換金に行く時は10歳は若返って早く歩く事でしょう笑
氷川きよしに応援されるのもいいかも笑





私たちの脳は、これまでの経験値から勝手に心理的な限界をつくってしまいます。





先日、高校生が100m歴代2位になる10秒台を記録しました。その時、解説者の一人が、「心理的なブロックが外れるので、これから日本人も9秒台が出てくると思います」と言われていました。


気付けば外れる。気付かないと自動運転。


周りの人が「どうせ治らない」「もう歳だから」といい、
テレビをつければ病気の番組ばかり、
病院では、先生から「歳だから治らない」「無理したらダメ」と言われ、
自分自身でも、これまでの失敗経験から「こんなもの」と思い込む。



誰かが、9秒台で走れる事を教える、見せる必要があるのです。
世の中には、同じような条件の方でも「奇跡的」「劇的」に改善している人が大勢いるという事実を教える必要があるのです。
ものの見方を変えるだけで、能力が発揮される事を教える必要があるのです。




そこで登場するのが認知行動療法。

自分の物事の受け取り方のクセに気付いてもらい書き換えていく。
慢性腰痛やうつ病の治療で有名です。

先日ご紹介した福島県立医大では、整形外科と診療内科(神経内科?)が協力して、慢性腰痛患者様に対して「認知行動療法」を実践され成果を出されています。
(各国の腰痛診療ガイドラインでも有効とされています)




病気や痛みに対して捉え方を変えていく。




さて、最近通院して頂いている81歳の患者様。

20mも歩けば、腰が痛くなり脚のダルさが酷なり歩くのが辛いとの事です。何件か隣の家に行くのも大変。


その原因は??
トリガーポイントなどの、身体の異常によってのものなのか、
脳が作り出している思い込みによるものなのか、


大抵は両方が絡み合っているように思います。


いかに、心理的なブロックを外して頂くか、、、


今回は、先ほどの好きな子の前では張り切ってしまう例と、宝くじのお話をさせて頂きました。



笑ってくださいまして、「たしかに、歩く前から歩けない事を考えてます」との事。


それならば、
歩ききって喜んでいる姿を思い描く。
それも、ピークパフォマンス・自分が考える最高の状態を描く。
それを、家族や先生が一緒に喜んでいる姿を描く。
直前だけでなく、前の日の夜から「私は健康!私は元気!」と暗示をかける。
を、実践してもらいました。


本日来院。





すごく喜びながら、「先生!公園を一周歩けました!」


えー!!公園を一周?予想以上過ぎますよ〜



こうなればしめたものです。


一度の成功体験は、その人の脳を飛躍的に治る方向に導いてくれます。
(病院のリハビリでも、小さな目標をつくって取り組みます)


自信と、希望と、喜び、期待などが生まれるからです。
それまで、自分で勝手に決めていたブロックが外れるのです。



今日の成功体験をしっかり覚えておきましょうね。人の脳は、すぐに出来ない事、ダメな所、悪い所に焦点を当てようとします。これからは、小さな事でもいいから、出来た事に焦点を当てましょう。
そうすれば、「治るかも」「私は健康かも」「実は悪くないのかも」と、考えれるようになりますよ。



私の経験上、ご高齢者の方が若い人より、認知の修正をした後の効果が分かりやすく出ると思います。




心って大切ですねーー。




自然治癒力の限界を引き出すポイントは、

「好きな人の前では、限界を超えた結果が出せる」の法則
を利用する事です!





参考文献:民明書房刊「惚れた男は病気知らず」
ブログ用


認知行動療法


受取り方、とらえ方を修正していく事によって、腰痛がしっかりと改善していきます。


普段10メートル歩くと腰の痛み下肢のダルさが出るという患者様に、考え方をレクチャーした所、公園を一周歩けました!と次の日に喜んで報告して下さいました。



腰痛に限らず、痛みや病気の回復に脳(メンタル精神面)はとても大切なんです。



プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。