上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネス心理コンサルティング 代表林 恭弘先生からのシェアです。

笑ってしましました(^^)
林先生の創造・発想力すごいなー






年末に妻に贈ろう
リバイバル・バージョン

〝スウィート10ダイヤモンド〟
の替わりに『愛のつぶやき』を

愛妻家の男たちよ

「結婚10周年記念には愛に10粒のダイヤモンドを添えて」
と言ったってこのご時世ですから簡単なことではありません。
昔のレコード針の先っちょについていたような〝くずダイヤ
10粒〟を贈っても喜ばれるはずもなし、かと言ってローン
地獄に陥るようなプレゼントの仕方は洒落にもなりません。
そこで、せめて身の丈に合ったプレゼントと、それに添えて
10粒の『愛のつぶやき』を贈りましょう。

ひとつぶ
 お付き合いしていたころの君は「クチンッ」って子犬の
ようなくしゃみをしていたね。驚くほどかわいかったなあ。
 あれから10数年…、
「ふぇっーくしょん、おらあぁーー」っていう、くしゃみに
変わったね。
 気持ちいいんだろうね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 気を抜くとすぐにオナラガ出るみたいだね。
お付き合いしている時には決して聴けなかったのに。
いまだに聴こえなかったふりをしたほうがいいのか、
ツッコミを入れたほうがいいのか迷うんだ。
 僕との時間でリラックスしまくっているんだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 お付き合いしていたころ毎日、僕は電話で君の声を聴いて
いたね。
かわいかったなあ。
 あれから10数年…、
3オクターブぐらい声のトーンが下がったね。
でも家に電話がかかってきたときには〝あのころ〟
の声にまた上がるね。
 どちらも、ほんとうの君…。アシュラ男爵のようだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 あのころの君はスポーツ好きの僕に合わせてくれて僕の友人
達とも一緒になって汗を流してくれたね。
 あれから10数年…、
「なんで暑っついとこワザワザ出て、汗かかなアカンのよ!」
と言って、決して来なくなったね。
 お年ごろのせいか、お肌を気にしているんだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 「飲めば身体の内部からバラの香りが漂う」というサプリを
ネットで購入していたね。気にしなくてもいいのに。
 でも商品が到着後、朝食の時にそれを僕に差し出したね。
そう、僕だったんだ。オヤジ臭…。
 生理的に受け付けなくなる前に手を打ってくれたんだね。
ありがとう。
愛しているよ。

ひとつぶ
 我が家は毎月「おこづかい制」だね。僕の限られた給料では
月末にはお昼ご飯を食べるのがやっと。
飲みに行くなんてとんでもないよね。
そして僕は貯金もゼロ。
 君は、決して自分の預金通帳をその〝アリカ〟さえ明かした
ことはなかったね。
未だに僕は君の資産がどれほどのものか知らない。
 倹約家なんだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 つい二人が言い争いになった時、いつも君はこれまでの
僕の失態をぜーんぶ並べることができるね。
 思い出を心の中に、いつもしまってくれていたんだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 仕事が忙しくても炊事、洗濯、掃除、ゴミ捨てはがんばって
手伝うよ。
 そんなときも君は、決して喜びや感謝の声をあげないね。
 何があっても一人で生きてゆけるように僕をトレーニングして
くれているんだね。
 じつは思いやりからだったんだね。
愛しているよ。

ひとつぶ
 僕が声をかけても、君は聞こえないふりをして3日間ぐらい
ご機嫌ナナメのときがあるね。長ければ一週間だ。
そういうときは家の中が凍てつくほどの空気に満たされ、僕は
アタフタしながら家事にも動き回る。
 最初は戸惑ったけど、「天照大御神ごっこ」だったんだね。
 僕に甘えてくれているんだ。
愛しているよ。

ひとつぶ
 韓流スターのドラマを毎日5本、予約録画しているね。
決して消去しないから我が家のレコーダーはメモリーの限界
ギリギリだよね。
 そして録画ドラマを見ているときは僕には全く気付かない
ようだね。
まるで透明人間になったようなワクワク感が味わえるんだ。
 きっと数千年後、我が家のレコーダーが発掘されたら
人類歴史遺産になるんだろうね。
 人類史を後世に伝えようとする君。
 愛しているよ。

 結婚前にお付き合いしていたころは毎日、君に逢いたくて
逢いたくて、募る思いで胸がいっぱいだった。
 そして君と結婚してから、僕が知らなかった違う君に〝遭い〟
最初は戸惑いすれ違いもたくさんあったけれど、いつの間にか
そんな君を恋人だったころとはまったく違う感覚で好きになって
ゆきました。

 今日も…、今も…、毎日毎日、ちょっとずつ、それでも
どんどん好きになってゆきます。
 恋とは違う、好意とも違う、もっと深い感情が二人で生きる
時間と共に丁寧に重ねられていくような感覚。

 そう、あの日を境に…。
 あいだみつを先生の有名な言葉、
「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」
を知ってから…。

※この投稿は、「アラ結婚10年目の夫たちの意見」をもとに
創作しております。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。