上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェームス スキナー氏
483238_10151315417297445_707988946_n.jpg


多くの人を魅了する彼の成功哲学


ケガの治癒にまで影響を与えます!

彼自身、先日事故によって足の骨を折ったのですが、医師から全治2か月と言われたのを2週間で治してしまいました。

313413_10151455430012445_746917377_n.jpg

2週間後
483837_10151481894962445_773049353_n.jpg



以下は、彼の投稿です。「痛みを早く治したい」と考えている方にも参考になるかと思います。





今朝、「制限」という言葉について話しておきたい。
まず、言っておきたいのは、ほかの人から押し付けられる「制限」を受け入れる必要がないということだ。

科学は、制限の否定から始まるからである。
「人間は空を飛ぶことはできない、○○病は不治の病、音速を超えることは不可能である、何回以上の建物を建てることはできない、光速より早い粒子は存在し得ない、人間は何歳以上の寿命は得られない」
このような「制限」は、常に破られる運命にある。
「何々ができない」という発言は、「何々がまだやったことがない、何々のやり方がまだ分からない」という発言に過ぎない。

「しかし、重力のように、どうしても否定できない原則があるではないか!」と言う人に対して、私の答は、「それはまだ科学を理解していないということですね。そのような制限は、浮游力と言った反対の原則を発見する機会に過ぎません」
科学は常に新しいパラダイムを求めているのである。そして、新しいパラダイムが出始めると、既存のパラダイムを唱えていた人は、激しく反対の声を上げて、新しいパラダイムの提唱者をはりつけにしようとする。
この繰り返しである。

もっとひどいのは、「あなたは総理大臣になれません、あなたはお金持ちになれません、あなたはスポーツできません、あなたは音楽家になれません」などの破壊的な発言なのです。
このような発言は、ばからしくコメントする価値すらない。

ここで大切なことは、「制限」は受け入れないが、「事実」を受けとめる。
これは肝心です。科学は事実の肯定を何よりも重んじるからである。

怪我しているにも関わらず、怪我していないように振る舞えば、もっと大きな怪我を負う。これはハンセン病が昔から特に恐れられた理由である。神経機能が損傷し、痛みを感じなくなるため、多くの怪我を負うことになったりする。

事実をしっかりと受けとめた上で、それに対する自分の反応を選ぶ。
そして、結果が良くないとき、別のアプローチを試す。
これは科学的。
科学者は、常に実験室で新しいアプローチを試し、実験し、結果を検証し、またアプローチを変える。
我々も生活においてそうあるべきである。

皆さんが今日、自分の夢や目標、問題解決に向けて、事実をしかりと受けとめて、制限を設けず、より素敵なアプローチを発見することを願って辞まない。

最後に約束した足の写真をアップしておきます。
内出血は、親指の爪手前に1ミリ程度の痣があります。腫れはなくなりました。右横皮膚が切れた2カ所は、1〜2ミリの傷跡が残りそうな気配です。2週間、あまり使っていないため、土踏まずの筋肉や足首周りの腱がやや硬く、運動の前に十分にストレーチしておく必要があります。後は完治。今朝の運動は最高に気持ちいいです!




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。