上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40代男性

二年前に「腰椎椎間板ヘルニア」と診断を受ける。

腰から下肢にかけて放散する、痛みとしびれ。

整形外科にて、マッサージと牽引と鍼を受け症状が軽減する。が、ヘルニアが再発しないか不安の中生活を送る。


数ヶ月前に、痛み(鈍痛)が強くなり徐々に強くなるので再度整形外科を受診。


レントゲンの結果、「今回はそんなにヘルニアは飛び出していないから大丈夫です」と説明を受ける。
「麻痺が出たら、もう一度来院してください」とも言われる。



ここで、患者さんは疑問を持ちました。



前回より痛みや痺れが強いのに、なぜ今回はたいした事はないのだろうか?



現在は、ふくらはぎもかなり痛みが出ており、寝返りを打つのも困難。


特に、起床後と長時間座ったり、立ったりした後が痛みが強く出るとの事。


動作が怖くなり、腰に気を使うようになっていました。




分る人には分りますよね。



つっこみ所が多い診断ですね。


ヘルニアで痛みや痺れが出ているという理論が疑わしい。

起床時や初動時に痛みを強く感じるのだから、筋性疼痛を疑わないといけない。

この医師は、しびれと麻痺を混同してしまっている。

ヘルニアがたいした事がないと、他の痛みは放置してよいと考えている。



患者さんが気づくんですよね。本当にヘルニアなのか?このままの治療で治るのか?




この患者さんも、ご紹介で来院されました。


問診、触診、検査の結果、「ヘルニア難民」の可能性が濃厚です。



筋肉の緊張の亢進が多数存在していました。


とくに、ふくらはぎの筋肉は軽く触れるだけで「痛い痛い」と悲鳴をあげられ。。。

聞くと、これまでもマッサージを受けた時など痛すぎて拒否していたようです。



これを、筋筋膜疼痛症候群と呼ぼうが、線維筋痛症と呼ぼうがどちらでも構わないと思います。
ただ、患者さんが怖くならない病名が良いですね。



治療法は、筋肉へ直にアプローチするのは散々してきて効果が薄かったので、脳を介して筋緊張を取ってみました。



顔へカタカタ振動を与えます。

30秒ほどで治療は終わり、再度ふくらはぎを触ると


「あれ。。痛みが無くなっている?」


と、不思議がる患者さん。その後、自分で動かしても痛みが取れていると喜んでおられました。


ここで、ヘルニアが痛みの原因説に否定的なお医者さんもいる事、筋肉が診断から抜け落ちていること、動作恐怖を克服すること、痛みと脳の関係等を説明させていただきました。


「手術しなくて良かった。」



さて、このまま脳がびっくりして一気に痛みしびれが無くなっていくパターンか、それとも、脳や神経系が痛み信号を記憶している為(可塑性)繰り返しの治療が必要になるのか。


現時点ではまだ分りません。患者さんの脳次第です。


しかし、確実に言えるのは



ヘルニア等の画像所見だけで判断しないこと。


触診や問診も重要だということ。


どんな痛みにも脳が関わっているということ。


心理社会的な背景は痛みと関係があること。


患者さんに間違った情報を植えつけないこと。


筋肉の緊張を取る為に、身体の左右差やバランスを改善してあげること。




といったことです。





治療前
田中俊男(初前)


治療後
田中俊男(初後)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。