上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実家の押入れを探っていると


小学校の卒業アルバムが出てきました。


いや~懐かしい



小学校の時の小生は、落ち付きがないというか、とにかく活発に暴れている子でしたね~


先生や親に迷惑かけたんだろうな~




卒業アルバムの表紙とタイトルは、自分自身でイラストを書いて作成したのですが、そのイラストが、、、



まあ、ひどい(笑)



当時、クラスでは「珍遊記」(漫☆画太郎)という、PTAが毛嫌いするような漫画が流行ってまして、もろ影響を受けた表紙になっております。(名誉のため掲載は控えます)





そんな、卒業アルバムのタイトルが我ながら素晴らしいものになっておりました。









P1010176.jpg







小学生にしてこの発想。



すばらしいですね(笑)










定番の1人1人の夢を載せるコーナーがありまして、


多くの子は、



プロ野球選手

お医者さん

学校の先生



など、子供らしい多彩な夢を書いてるんですね。

みんな叶ったのかな?




そんな中、クラスに必ずいる「面白いやつ=支配者」と考える僕たちのグループは、




A君H君I君「成金」

S君A君「億万長者になる事」

M君「大金持ち」

K君M君「吉本興業に入る事」


と、少し人と違う夢を書いてました。
それにしても、お金系が多いクラスですね。。。。


当時は、こう書くのが面白かったんでしょうね。



僕も当初は「吉本興業に入る」


と書こうと思ったんですが、2人もいるからかぶるのは嫌と考えた末。。。





P1010177_convert_20110127013613.jpg





と、まったく夢でもなんでもない事を書いておりました・・・(漫画太郎は今でも好きです)



当時は、柔道で金メダルという正当な夢があったにも関わらずこれを書くとは。。。



親は心配したろうな~(笑)





何はともあれ、小学生の夢は純粋で多彩でした。


大人になるに従い、様々な環境や経験によって、夢を忘れたり諦めたりしちゃいます。


小学生のころの、純粋なものの見方を忘れずに進んでいきたいですね!!







生駒の田舎学校でしたが、田舎のせいかどうかは分かりませんが、人と人との繋がりが深かったように思います。

同学年に後に芸能人(結構有名)になった子や有名になったスポーツ選手がいたりとちょっと自慢の母校です


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。