上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に話題になった書籍です。



代替医療のトリック代替医療のトリック
(2010/01)
サイモン シン、エツァート エルンスト 他

商品詳細を見る





以前ジュンク堂でななめ読みをした程度なんですが、「ん~どうなん?強引。。。」


という感想を持ったのですが、アマゾンで見ると結構意見が分かれてますね。


アマゾンレビュー


まだ精読していないので、意見を言える立場ではりませんが、




レビューだけを見ていると、僕的には、星が☆、☆☆、の方が説得力があるし賛同できる部分が多いです。


治療家のみなさんはどうですか?







プラセボに関しての僕の考えです。

目的と手段






レビューからの抜粋

典型的な「科学」を盾にし自己優越感に浸りたいが為の論法です。
特にこういったエセ医療と必死に叩く人達の特徴として「それはプラシーボ」だと
のたまう事が特徴ですがプラシーボ効果に依存しているのは科学医療も然りだと言う事がわかっていないようです。
このような考えは真面目に「あらゆる可能性を用いて患者を治そう、痛みを取り除こう」と
真摯に取り組んでいる医術者全員への冒涜だと思います。






いかにすればプラセボを活用できるかを論じてほしい。
なぜならこの世には「論理的に正しい医学を用いてさえ、代替医療家が使えるほどのプラセボも発揮できずに治すことができない」医師が山ほどいるのだから。
でなければ「医者に治せなかったものが代替医療で治った」なんて人は一人もでないはずだ。
人体という未知の存在の前には論理的に正しいなどそれだけのことでしかない。
どうすればプラセボを最大限発揮できるのか、本当にプラセボの全てが一次的な効果しかないのか、あるいは医師にプラセボを学ばせる機会を義務付けるべきだという話なら評価もするが
建設的な意見もなしに、代替医療の効果のほとんどは気のせいだと
後ろ向きな意見だけ言われても価値などあるはずがない。






この本の最初の章で述べられている、著者の公平にやろうという意気込みは買いますが
西洋医学の論文提出のレベルと同じように代替医療の世界も論文が出ているはずという
思い込みが、最初から痛手になっているように感じます。

また、他の方も鍼灸の偽鍼の話を挙げていますが、著者のいう偽鍼は、日本で使っている鍼に
相当するものなんですよね。ということは、鍼と偽鍼でデータ比較しても、意味がないです。

軽く鍼灸の話を読んだだけでも、これだけ突っ込みどころがあるので、
他の治療法についても、推して知るべしでしょう。

著者は、代替医療はプラシーボとしきりにいうのですが、患者にとっては
プラシーボ効果を最大化してくれる方法があれば、それは立派な治療法に
なると思いますが、どうなんでしょう。






本書に対する、鍼灸師 川喜多健司先生の反論

http://jsam.jp/data/files/geZnhF.pdf

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。