上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様々な情報が出回っています。

信頼できるものもあれば、デマも多数。


これだけ情報が手に入る時代ですから、自分で判断して選別していかないといけません。
既存のマスメディアもすでに信頼を失っているから、尚更です。

個人的には、海外メディアの報道は客観的で信頼できるのではと思っています。






義援金の輪が広がってきましたね。


個人で今できることは義援金が一番。または、義援金を呼びかける事。



間違っても被災地に行ったり、個人で物資を送ったりしないようにしてください。


はっきり言って迷惑なようです。

ボランティアは野次馬? 何の役にも立たず.

「訓練も受けていない『ボランティア』はただの野次馬観光客です。何の役にも立ちません」。

 1995年の阪神・淡路段震災からすでに16年が経過。当時の被災者だからこそ経験し、感じた心情がある。その思いを兵庫県・西宮市議の今村岳司氏が自身のブログで綴っている。
 
 「まずは、呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないことです。被災地から出ようとする人、入ろうとする支援部隊や家族でアクセスはただでさえ大混乱ですから非常に邪魔です。統制もとられておらず装備もなく訓練も受けていない『ボランティア』はただの野次馬観光客です。何の役にも立ちません」

 何か協力したいと思うのは、当然だろう。しかし、自分が何ができるのかを冷静に考えないまま現地入りしたボランティアたちの姿が目立ったのも事実だ。

 「悔しくて、悔しすぎて、記憶から消していたことが、いろいろ蘇ってきて辛いです。ひとつは、観光気分で来た自分探しボランティアの連中のこと。彼らは、人から感謝されることを楽しみにやってきただけでした。だから、汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながらやりませんでした」と、目の当たりにした実情を語った。

 その上で「彼らで集まって楽しそうに親睦を深め合っていました。そんな彼らに惨めな被災者と扱われる屈辱。何日か経ったとき、避難所のリーダーが耐えきれずに怒鳴り散らして彼らを追い返してくれました。彼らがいなくなっても、彼らに受けた屈辱は消えませんでした」という、心情を吐露している。

 被災者だから判る教訓。それがブログと言えども文面からにじみ出でている。東日本大震災は、阪神淡路大震災以上の被害になることは確実視されており、同じ轍を踏むことだけは、絶対にないようにしてほしいものだ。


物資も、個人で送ると確認作業などで余計混乱するようです。




自分探しや、自己啓発に酔っている発信者は「公」のために行動していると言いながら、結局は「私」の事が最重要でこんな時でも自分大好き発言を平気でしています。



ある「夢に向かって何たら」と日ごろから発信している著名なFさんからメールが来たのですが、


こういう時こそ、明るく生きる意欲が湧いてくることが出来ないかと考えた結果、インターネットを使って、夢と希望に溢れた映像メッセージを送ろう!ということにしました。
○○の明るい仲間たちによる、震災応援企画「○○ラジオ」です。
○○ラジオを通して、だれもが前向きに夢と希望をもって生きていく、そんなメッセージを配信していきたいと思います。
・・・・この番組を通じて、国際間でも助け合えば戦争もなくなり・・・




こんな事を現在実施しているようです。。。


何ともお花畑思想ですが、
今はそんなタイミングやないやん!と久々腹が立ちました(怒)


家族が無くなって、家が無くなって、故郷が破壊され、食料が少なく、薬も足りなく、毎日寒く、いつ起こるかわからない地震、放射能。。。


そんな中で、被災して3日目で「夢や希望」やと?


本当にあほですね。あんたたちの自己満足でしょ。電気も毛布も食料もあり被爆の恐れがない環境から、被災者へ「自己啓発」という自分の価値観を押し付けるなんて、「ちょっとまずいかな」と頭が回らないのか。


そもそも、物事を一元論でとらえすぎでしょ。みんながみんな夢や希望を持ち合わせていることが大前提になっているし。。。
と、言いだしたらきりがない(怒)



安全圏にいる私にはそのような事をやろうとする気持ちがわかりません。

それをやるのは、プロのカウンセラーにお任せするのが一番被災者の為だとおもいませんか?


迷惑なんですって。「みじめな被災者と扱われるのが屈辱」と言われているでしょ。


お願いだから、夢を人にあたえる仕事をしているあなた方は、だまって義援金を送ってください。それかだまって献血。


そして、現段階では仲間内だけで夢を語っといてください。それが、被災者のためになるんですから。




今は、自分の価値観で被災者を見るのではなく、迷惑のかからない方法で支援する。




そして、安全圏にいる私たちは今いる現場を大切にする。


学校、会社、農業


普段通りに一生懸命現場を大切にする。


それが、日本の為にもなり、一番混乱を抑えることができるはずです。



被災されてまだ数日しかたっていないのですから、ボランティア活動も良し悪しがあるということでした。











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。