上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はとっても良い良い講演会に行って来ました


小田全宏先生がゲスト講師という事で、お話を聞きたいと思い行ったのですが、他の三人の講師もとってもポジティブで面白いお話を連発。


小田先生はもちろんすばらしい講演をされたのですが、その中でも、特に心を持ってかれたのが日本メンタルヘルスケア代表の衛藤信之先生のお話でした



いや~おもしろかった!ためになった!感動した!



「吉本風心理学」というだけあって、飽きずに2時間魅了されっぱなしでした。

有名企業や著名人からの、講演や研修に引っ張りだこと言うのが理解できますね。



インディアンのお話、日本の親のお話、被災者の方にがんばれ!っていう事の失礼さ、アクティブリスニング、患者さんへの接し方、、、



名言連発でしたね。


ご本人が、体験されたことを踏まえた上でのカウンセラーのお話をなれますので、とても分かりやすくすんなりと落ちてきました。



印象に残ったお話を一つ。。。



現代の保育園児に、「お母さんの似顔絵を書いて」というと


001.jpg



この左側の目の吊り上がったお母さんを書く子が多いらしいです。



今のお母さんは、何でもかんでも子供に注意するようで、

あ~しなさい。こ~しなさい。あなたはこうだから。。。



そんなお母さんは子供の考えではなく、自分の価値観、自分の中の世間を子供に押し付け子供の自由な発想をつぶしていて、その事は海外の人達には考えられないことらしく、

衛藤先生のドイツ人の友人は、そんな日本の母親の姿を見て「子供の頃には失敗する権利がある。」と言われたそうです。



親という漢字は、「木に立って見守る」と書きます。
が、現在の親は、木から飛び降りてきて(笑)すぐにあーだこーだ「自分の感情だけで」子供に注意すると、臨床を通じて感じているようです。


本来は、上記の写真のように耳の大きい親のイラストが理想なんですね。まるで、仏様のような耳でしょ。しっかり子供の話を聞いてあげてください(衛藤さん談)



また、小学5年生に「大人を尊敬できますか?」という質問をしました。


世界平均は、70%以上が尊敬できると答えたそうです。


我が日本は、、、


20%程度しか「尊敬できる」と答えなかったそうです。。。。


大人が変わらなきゃ子供は変わらない。




他の話は、スタッフブログでも占部先生がしてくれていますね。感謝。





グイグイ引き付けられ、学びと気づきっぱなしの今日の講演

実際に行動をしていないのに、他の分野に対しても口だけきれいごとを述べるような人たちではなく、全員現場で活動して行動に移して成果を上げている人達だった事も、引きつけられる要因なんだと思います。





衛藤先生のお話も、小田先生のアクティブブレインも、現在の親や教育者や企業にとても大切なお話なのですが、どちらも私たち整骨院という世界の人間にもかなり重要で大切なお話なのは間違いありません。


治療者側の人間が学ぶべき事がとても多いと思います。

人を診るにあたって、心と身体は絶対に切っても切れない関係です。それに、治す側の人間性も必ず問われます。




そんなわけで、今回感化された私はメンタルヘルスのスキルアップにと学校に通うことにしました



しばらく週一回の午後診を臨時休診になってしまうのですが、痛みを抱える患者様のためにもなるメンタルヘルスについて、しっかりと学んできて還元いたしますのでしばらくご了承ください。


臨時休診の詳細等は後日お知らせします。

ご迷惑をおかけします。。。




ひがし整骨院



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。