上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に、ひざにある半月板が損傷すると痛みがでるのでしょうか?


当院にも、ひざが痛くて病院に行ったら、「半月板が悪いと言われました」と訴える患者さんが大勢来院されます。

img68cd83d7zik4zj.jpg


しかし、ほとんどの患者さんは、半月板を無視して施術をしても痛みが軽減していきます。


本当に半月板(軟骨のすり減り)は痛みと関係があるのでしょうか?



現在通院されているAさんも、「手術しかない!」と半月板異常を指摘されていましたが、現在は痛みが引いています。



Dr「半月板が真っ二つに切れている。ここでは治せないから、総合病院でMRIを撮ってきて」



Dr「MRIでも、やっぱりちぎれているから悪いね。手術しかないけどどうする?」



以前、半体側のひざの痛みが治った当院を選択



初診時は、ひざが痛みのため曲がらず歩行困難



「~さん。前回と同様に、今の痛みと半月板は関係ないように思います。2つに割れていても痛くない人は山ほどいますしね。それよりも、最近、身の回りで環境が変わったとか、ストレスとか思い当たる事ないですか?」



Aさん「最近、新しくお店を構えてばたばたしてました



「ストレスとかも痛みの引き金になりますよ。あと痛みの強弱にも関係しますしね。だって痛みは脳で感じているからね」
「それと、ここの太もも、軽く触っても痛み強いでしょ?この筋肉が悪さをしていると思います。お医者さんは、レントゲン以外に何か体を調べてくれましたか?」
05-2img037.jpg



Aさん「まったく。画像検査しかしていないし、手術しか治らないと言われました」



「本当は、ひざ以外の場所も診ないと分からないし、筋肉も触らないとわからないんですけどね。脳も関係するし。。。 半月板の手術の前に、まずはしっかりとリハビリをしましょう」
「以前の患者さんで、阿倍野のひざの権威の先生のところで、手術の前にリハビリをしてもらいたいと訴えたら、『僕はリハビリの事は分からない、手術が専門だから。』と、言われたらしいから、そんなもんなんですよ。」
「~さんのひざは、まだ長引いていないので脳は記憶していないでしょうから、おそらく早めに痛みだけなら引くと思います」



1ヶ月後の現在は、痛みもだいぶ治まって、ひざはしっかり曲がるようになっています。

もちろん、半月板は2つに割れたままです



果たして、半月板や軟骨の異常は痛みに深くかかわるのか?

生理学的に矛盾はしていないのか?

ほとんどは、筋肉が悪さをしているのではないのか。トリガーポイントが犯人では?

日本整形外科雑誌第76号に、「60歳以上では41.7%に断裂を示すgrade3を認めた」事は?←こちらから

痛みは、筋肉と脳のやりとりがほとんどなのでは?

ひざという部分だけでなく、全体を診ないといけないのではないのか?





半月板や軟骨の磨り減りでお困りの方は、一度そういった視点のお医者さんに診てもらうのも大切だと思います。

だって、軟骨がガンガン磨り減っていても、半月板が割れていても痛くない人は世の中にたくさんいるんですから。

当院に限らず、あらゆる代替医療で手術と言われている人が普通に改善している現実があるのですから。




↓ご予約お問い合わせは↓
東大阪市若江岩田 ひがし整骨院
589_convert_20110608013916.jpg
キッズルーム完備☆院内風景・施術に関してはこちら

午前8:30~12:30 午後4:30~8:30
土曜午後・日祝休診


電話072-964-5355(初回予約制です)  


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。