上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整形外科医にこそ求められる「患者の心の病」へのアプローチ


このブログを始めたばかりの2008年1月にも、上記記事のリンクを載せましたが、



2012年1月現在・・・・





kib.jpg





1_20080312-8-46_20120121224317.gif






と、吠えたくもなります・・・(悲)



患者さんからの、一方的な言葉だから真意は定かではないですが、医師から結構ボロカス言われてるみたいですよ・・・





そんな事患者が考えなくていい!!

そんな質問なぜするんだ!!

言っても分からないだろ!!

歳だから治らない!付き合いなさい!!

整骨院なんかで治るか!!(と言って、牽引と電気治療しかしていない(^_^;))







ひえ~((+_+))

もっともっとありますよ。ありえない事言うお医者様。




そんな先生に言える共通点は、ココロとカラダの繋がり、痛みと心理状態の大切さをまったく知らない、知ろうとしていない事です。



損傷モデルを信じきり、手術が最終手段、手術しか治らないと思っておらるのでしょう。
(もちろん、悪性腫瘍、感染、馬尾症候群、脊髄麻痺まどのレッドフラッグにおいては手術は絶対必要です。)






そんな中、上記リンクの日経ヘルスの記事はとても的を得ています。

↓ ↓


関節リウマチを罹患したことに対する心因反応であるが、この点については「どの疾患でも起こりうるもので、慢性疼痛を持つ患者の心性への深い理解が求められる」(水野氏)と力説した。


難治性の痛みには、過去のトラウマ、体験、経験、性格などが複雑に絡んでいます。
使う使わないは別として、メンタルヘルスの勉強は大切なんですね。




整形外科を受診する患者には、
(1)心理的原因への気づきができない(ことさら気づきを拒絶している)、
(2)心理的原因についての訴えには自ら触れない、
(3)心理的な原因を探るための問診に対して、拒否的である(時には医師に対する不信感を露にする)、
(4)身体的治療への期待感が非常に強い、
(5)私的生活への言及は痛みに対するもののみ、
(6)医師に対する人間的なかかわりへの期待度は低い(痛みだけを治してくれればいいという姿勢)などの特徴がある。
一方で、治療する医師の側には、整形外科医は心理的治療の専門外であることが多い、という現状があるわけだ。





これは、医師だけでなく患者さん側にも問題があるという事を書いています。


心の事を聞かれるのを「精神病じゃないんだから、身体を治してよ!」と、拒否する傾向があるのでしょう。


でも、言っちゃ悪いですが、初回の問診時や説明時に丁寧にお話をすれば、100人中100人の患者さんは「そうなんだー」「やっぱり」と、少なくとも当院では理解してくれています。


正直、患者さんに問題があるというより、患者さんへの説明応対が悪いからだと思いますが(^_^;)



損傷モデルから、生物心理社会的モデルへと移行している、痛みの世界。

ココロって本当に大切なんですよね~




そんなこんなで、患者さんから整形外科でのやり取りを聞いていると、う~ん(-"-)と考えてしまう今日この頃です。







↓ご予約お問い合わせは↓
東大阪市若江岩田 ひがし整骨院ホームページ
589_convert_20110608013916.jpg
キッズルーム完備☆院内風景・施術に関してはこちら

当院のクチコミ多数掲載☆→エキテン!

バイタルリアクトセラピー公式HP

ヨーロッパHP①(Yamasaki Therapy)
ヨーロッパHP②(Spineliner)




午前8:30~12:30 午後4:30~8:30
土曜午後・日祝休診


当院は、初診時に充分な時間をとって、あなたのお話を聞かせてもらい、説明を含めて納得できるまで対話を繰り返してから施術をするようにしています。
そのため初回のみ、十分な時間を確保するため予約制となっております。



心の有り方を学ぶ心理学は、痛み医療の分野にとって大切な学問です。ココロとカラダは密接に関係しており、心へのアプローチの必要性は世界の医療界では常識になっています。
患者様の早期回復、予防の為にもなりますので、現在、毎週火曜日の午後診療を臨時休診とさせていただき、学びにいかせてもらっています。大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。




ご予約/お問い合わせ 072-964-5355










「ムチウチ」「ケガ/後遺症」交通事故後の治療
冷え・ホルモンバランス・自律神経・脳からくる不調
姿勢・猫背矯正
どこに行っても治らない「腰・肩・膝」の痛み


リピート率100%を継続!(7月~10月)
同業者が治療に通う整骨院


近鉄奈良線「若江岩田駅」徒歩2分 
ひがし整骨院


私たちは、
マッサージをやりません。
マッサージをやらなくてすむ身体に戻していきます。
年齢性別に関係なくその場で効果を実感してもらえる施術を取り入れています。


☆当院の「感想/口コミ」はこちらをクリック!☆



予約優先制 お気軽にお問合せ下さい
℡072-964-5355

診療時間
AM8:30~12:30
PM16:00~20:00


遠方から来る患者様も安心☆駐車場完備


いつでも何回でも無料メール相談
higashiseikotu@yahoo.co.jp




キッズルーム有☆
ブログ用1

施術は個室ブースで安心☆
ブログ用2

バイタルリアクトセラピー
ブログ用3


院内風景はこちらをクリック!



大阪府東大阪市岩田町4-16-15 ひがし整骨院

大きな地図で見る









スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヌスーピー

Author:ヌスーピー
2008年4月柔道を始めた土地でもある「若江岩田」駅前にて「ひがし整骨院」を開院。

コンピューター制御のもと、脳と自律神経の働きを改善し全身の骨格・姿勢のバランスを整える「バイタルリアクトセラピー」という治療法を使わせていただいています。

資格は柔道整復師(国家資格)と心理カウンセラー。

毎日の診療をするにあたって、難治な患者様を改善させるには、痛みの受け取り方など、心からのアプローチが必要と痛感し資格を取得。
心が健康にならずして、身体の根本的な回復は見込めません!

現在は、地域の人だけでなく他府県からなど遠くの町の人たちにも来院していただいております。

私たちの使命は、ご縁を頂いた患者様の悩みを解消し、喜びや笑顔になって頂く事です。
真剣に向き合う以上、責任もあり気を引き締める毎日ですが、同時に頼りにして頂きながら仕事が出来る事に感謝しております。

私たちの得意とする所は、あなたのカラダに本体備わっている「治る力」を最大限に引き出す事です。


なぜ痛いのか?
なぜ治らないのか?
どうすればよくなるのか?

ひがし整骨院は、患者様との対話と信頼関係作りを大切にしています。
その理由は、難治な患者様が回復していく過程において、心(脳)がリラックスし、私たちと患者様の間に、安心と信頼と尊敬する関係が生まれて初めて、健康回復へ進んで行く事を毎日の臨床の場で経験しているからです。

初めは緊張した顔つきで来院される初診の患者様も、施術後には表情が明るくなっており、その変化が私たちの励みの一つになっております。

旧来の整骨院のような、だらだらといつまで通院引っ張る事はしません。

「根本から治す」「早期完治」を掲げ、どこまで治るのか、いつまで通院するのかなど、ゴール設定、あなたに合った通院期間を初回時に明確にお伝えいたします。

身体の事でお困りでしたらいつでもご相談ください!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。